•  「今日は何時の便で帰りますか?いまから火鍋を食べますよ」 台湾旅行の最後の日の午後、ブンちゃんは僕のためにお別れ会をしようと、ひそかにお店を予約してくれていたのだ。 中山地下街の1番出口から地上にでると燃えるような夏空がカーンと青く突きぬけ、白すぎる陽ざしが皮膚のあちらこちらに強引に照射してきた。歩いてすぐに馬辣という看板があらわれ、その階段を下りていったらもう店の入口だ。 馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋... 続きを読む
  •  今日の午後に台北の松山空港から東京に帰ることになっているので、日が高くなる前に高雄の左営駅で台北行きの高鐵に乗った。発車した後でふと前方の電光表示板を見上げると台北でなく南港とでてきた。 「おい、なんてことだ、これはいったいなんてことだ」 席を立ちあがり前後左右東西南北を見わしてみるも、そこは、おしゃべりしたり弁当食ったり寝ていたりする人たちばかりのなんの変哲もないいつもの車内の風景が、まったり... 続きを読む
  •  ピーコーピーコー  ピキキキキキキキキキッ  あかぬけない鳥のなき声のような電気音がなりやんでから台北MRTのドアがゆっくりと閉まりはじめた。冷気のあたる銀の手すりにもたれかけて、果てしなく落ち着ききった正午すぎの車内を、もっさりしたバックパックを背負ったまま眺めていた。 「ふへぇー、淡水信義線ってなんだ?こんな路線あったかい?」 「ははは、新しく信義線ができて淡水線から淡水信義線に名前が変わりま... 続きを読む
  •  ならんだ入国ゲートの列の進みかたが他の列よりもちょっと遅かったから、もどかしくって、それでも、到着ロビーの自動扉がウインとひらかれれば、まぶたいっぱいまんべんなく光がとびこんで、鼻孔がゆるんで、ニオイが、あのニオイが、食べ物からでるような、あまい感じの気体が、ふわふわふわふわって、体の空気といれかわる。 あの頃から、変わってない。 「おいおい、ちっとも進歩ないんじゃあないか、まったくよう」って。... 続きを読む
  •  扉を開けると、隣の個室からあふれでる水は、正面の小便器ちかくにまで広がって大きな水溜りになっていた。その勢いはちっとも衰える様子はなく、行き着くところにまで、ただその領域を広げるばかりに見えた。 台北松山空港国際線の搭乗ゲートにいるので、事情を知らない外国人旅行客が誤って紙をトイレに流してしまったに違いなかった。東京行の便がすぐ後に控えていることからも日本人旅行客である可能性はかなり濃厚で、それ... 続きを読む

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25
おでん屋のマナー 2018/03/18
金魚れもん 2018/03/11
排骨と飯と午後の予感 2018/03/04
アタマのコンクリとけだした 2018/02/25
風の方向に帰ります 2018/02/18
なぜかいつも炎天下にでてしまう 2018/02/11
朝だ起きたら朝メシだ 2018/02/04
六合目のスイギョーザ 2018/01/31
山の上の高い空 2018/01/28
蒼のうわがき 2018/01/21

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR