台湾ちんほうちゃ日記

~ガイドブックにない無目的が目的の究極のひまつぶし~

ショウリュウキュウの汐と風

 阿檀の葉とムラサキ色のグンバイヒルガオが咲いている坂道を、レンタルバイクでブンブンのぼっていくと、ふいに木立がひらけて、弱まりかけた午後の日差しの中に、まだあざやかなほど青色にひろがる空が見えてくる。

 琉球遊客中心は島の北側の白沙港を見下ろす小さな丘の上にあった。バイクを降りるとすぐに、あのうわーんとした湿っぽい熱気が、それいけとばかりいっせいに体のあちこちにまとわりついてきた。

 建物の中は扇風機が2台まわっているだけであったが、室内のどこかで開け放した窓がちょうど風の入り口になっているようで、港から吹き上がる乾いた風が、建物の中をいっそう涼しくしているようだった。

 ペットボトルの水を飲み干してカウンターに視線を落とすと、小琉球の各所を紹介する色とりどりのパフレットに混じって、蒼いインクが染み込んだ古びた木枠が目についた。枠の中には四角や円型のスタンプが正しい顔で並んでいる。そのうちの一つを手に取り、インクを十分に染み込ませて、無印良品で買った文庫ノートの新しいページに、トスン、と押しつけた。

 キノコの形をした花瓶岩が、きりりと濃い蒼色に浮きあがり、円の縁からはみ出るようにフェリーが描かれた。それらに重なるようにFUN琉球の文字がある。私は閉じた反対のページにインクが写らないように、インクの艶の状態を注意深くうかがっていると、ふと、手洗い場につながる通路の向こうから、コテイちゃんが手招きしている姿が見えた。

 通路はそのまま、ベランダのような外の景色が見渡せる場所に続いており、視線のまっすぐ先には、白いペンキで塗りつけたマンガのような入道雲が、海の空の向こう側にぺったりとへばりついていた。港には漁船が7、8台、真面目な昆虫のように、波止場に垂直になって、静かに停泊していた。

 私は、はじめて台湾に来た頃から、ずいぶんと深い所にまで踏み込んでしまったものだな、と思った。今まで台北や台南など、ガイドブックで大きく取り上げられているような、有名な都市ばかりを歩いてきたし、それで十分だった。それが、自分が持っているガイドブックでもほとんどページが割かれていないような土地に来ることになるとは、これぽっちも考えてもみなかったから、ついため息が出てしまった。

 考えにもならない思考で頭をぶらぶらさせているとき、となりのコテイちゃんがバックからハンカチを取り出し、そのはずみで、潤いのあるキンモクセイの香りが、汐の匂いにフワリと流れた。ハンカチと思ったのは手ぬぐいで、夏の夜の花火の柄だった。それは一年くらい前に、私がお土産として贈ったものでもあるようだった。違いがあるとすれば、木綿の晒の端に、彼女の名前が小さな2つの文字で白く刺繍されている点である。彼女の、ときおりはにかむような、遠慮がちでどこかに哀愁を含んだ表情が、その台湾特有の薄化粧の奥から、あいまいに吹きつける汐の風の中にまぎれて見えた。

 部屋の奥から、ぺるお君の呼ぶ声が聞こえて、私たちは、再びバイクを走らせた。行き先は、スタンプが描いた、花瓶岩、ということになっている。

***太陽のかがやく小琉球で***


小琉球







ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

  1. 小琉球
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

サンゴに生えたみどりやま

 2012/6/23 小琉球

 東港渡船頭の港から船に乗って小琉球に向かった。小琉球は屏東県に属する離島でなんだか沖縄みたいな名前である。周囲が12~13キロのサンゴ礁で隆起した小さな島であった。

 30分くらいゆらりゆられて対岸に着いた。船から降りるとコンクリートの地面から太陽の熱がまぶしいくらいに跳ね返った。友人がバイク屋さんにレンタル料金を聞いている。一台のバイクが選ばれて僕は友人の後ろにまたがった。同じ船に乗ってきた人たちもレンタバイクで走っている。ヘルメットは自分も含めて誰もかぶっていない。過剰な交通ルールはこの島に必要ないのだ。
 
 山豬溝と書かれた案内板のすぐ隣に緑におおわれた木の階段がぽっかりと口をひらいているのが目に入った。山豬溝とあっていかにも猪がでてきそうである。階段は山の奥まで続いているようで、木や草に飲み込まれていくみたいに、そこだけ黒い穴を空けてたたずんでいるのであった。

 山豬溝は島のやや西に位置し、手元のパンフレットにはサンゴ礁石灰石植群の代表的な地帯とある。まあ言ってみればサンゴ礁からできたに木など多くの植物が生えまくっているということなのである。

 階段は山の中をうねうねと曲がりくねるように続いていた。平らになっているところもあって、ときどき休憩するためのベンチが置かれている。道の両側にはむきだしになった地層が壁のように迫っていて、その壁に沿って木の根っこのようなツタのようなものがにょろにょろと這い回っている。よく見ると木が触手なようなものを伸ばしていて、自分で自分の本体を縛りつけているような部分もある。自虐的なのか成長を誤ったのかどちらともつかないようなそんなヘンな木がいたるところに生えていて、山の蒸し暑さとからまってそのときは自分の頭がヘンなったのだと思っていたけれど、あとで調べてみたらそれはガジュマルの木であることが分かった。

 水をいっぱいに吸いこんだ空気が体にべったりと集まって表面から汗といっしょに流れている。台風はこの数日で去ったばかりであった。地面はところどころでぬかるんでいて、歩道の溝のあたりには自分の進む方向に逆らうようにして雨水が流れていた。気がついたら木の隙間からこぼれ落ちる太陽の光が少なくなり、足元もだんだんと薄暗くなってきた。小さく見える空から入道雲が灰色の顔をしてうごめいているのが見えた。ぽたぽたと葉をたたくような音がしたかと思うと、次第にそれは大きな音になって、ついに山全体がバアーと低いうなり声をあげて大雨になった。

 良いことに木の葉が天然の傘になった。雨がやむまでその場でじっと耐えていると、耳の裏のほうからプーンという電子音がして、遺伝子がもつ記憶とでも言ったらいいのか、きっと生物がもつ本能のヒラメキのなかで、その音がとてつもなく不愉快きわまりないものであることを瞬間的に察知した。足をガシガシと地面にたたきつけてみたり、手をグルグルとまわしてみたりと、意味不明なたこ踊りをしてみたけれど、やっぱりそいつに食われた足や手のぶつぶつ膨らんだあたりをボリボリと爪でかきむしった。雨のなかで身動きができないことを分かっていながら執拗に追いかけまわすとはなんとも卑劣な奴である。

 それを見ていた友人がチューブ入りのムヒをくれた。日本のムヒだった。カタカナでムヒと書いてあるのだ。指にとって患部になすりつけてみたが、皮膚はすっかり汗でコーティングされているみたいな感じになっていて、白いクリームはぬるぬるすべって皮膚になかなかなじんでいかない。まとわりつく蚊を必死に追っ払いながら、大降りだった雨はやがて小雨になり、次の瞬間には木と植物の緑が太陽の光を白く跳ね返して、それは鮮烈な光景だった。晴れ上がってみるとが嘘のような本当の生きたになっていて、暑さがまたもとのように熱くぶり返してきた。

 途中の案内板には矢印で觀海平台110公尺15分鐘と示されている。きっとこの先を行けば海が見えるに違いなかった。熱さでもうろうとしながら先を進んだ。


サンゴに生えたみどりやま



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

  1. 小琉球
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィールです。

みのりおん

Author:みのりおん
台湾はちんほうちゃな食べ物であふれている。でもそこで出会ったのは、食べ物ばかりでなく、美しいシゼン、よく眠るイヌ、そしてとても優しいヒトビトだった。そのどれもが、明るくて、のんきで、楽しくて。そんな「ちんほうちゃ」な出来事を、とりためた写真の隅っこから、いつもニヤニヤしながら切り取っているんです。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味です。
※本ブログの登場人物は基本的にすべて仮名を使用させていただいております。

いろんな場所にいきました。

台北 (10)
基隆 (2)
新北 (4)
新竹 (13)
苗栗 (3)
台中 (7)
彰化 (4)
鹿港 (2)
南投 (5)
日月潭 (3)
嘉義 (4)
台南 (10)
高雄 (11)
屏東 (4)
墾丁 (4)
小琉球 (2)
宜蘭 (10)
花蓮 (10)
太魯閣 (2)
台東 (11)
台湾日記 (1)

ぶろぐ村です。

facebookもやっています。

Twitterはじめました。

メッセージはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR