台湾ちんほうちゃ日記

~ガイドブックにない無目的が目的の究極のひまつぶし~

鹿港北上日記

2012/8/18 鹿港
 
 切符に印字された数字の席に座るとキュルルゥともうしわけなさそうな音をたてて窓の向こうのホームが次第に次第にそしてゆっくりと動きだしていった。その土地の観光ルートやおススメの店などをかき集めた「鹿港の歩き方」とでもいうような印刷紙を、クリアファイルの上から眺めていると、友人の残念そうな落ち込んだような顔が、笑えるとも哀しいともつかないマスコットキャラクタの顔の輪郭に重なっては消えていくのであった。

 今日の朝、思いがけなくして起こった社会的な事情から、友人は鹿港への観光を断念せざるを得なくなってしまった。鹿港を案内するはずであった自分が行くことができない、ということが何かとんでもない過ちであるとでもいうかのように、その日は朝早くからホテルやって来て、僕をピックアップするや否やバイクで国道をすっ飛ばし、駅の窓口で彰化行き大人一枚分の切符を僕がまねできないくらいの流暢な言葉でテキパキ取ってくれた。
 
 僕が乗る列車は始発らしく、たくさんあるホームのうちのひとつで扉をあけて待っていた。友人は、指定された座席のところまで僕を連れてくると、インターネットから印刷してきた鹿港の観光地や美味しいお店のホームページに、鹿港の地図を添えて、ハイよと言って持たせてくれた。もし自分がいたら絶対に案内したかった鹿港の醍醐味を一生懸命な想いで凝縮しました、そんな熱い気持ちが込められているみたいだった。いっしょに渡されたタイワン朝飯も、まだまだ熱かった。

 ここまでくると、逆にこっちがもうしわけないような、やるせないような、ありがたいような、せつないような、なんだかよくわからない気持ちになってきて、いつもがいつもそうわけじゃないんだけれど、台湾にいると僕はやっぱりこうしていつもの心地よい幻想的錯乱状態に陥ってしまうのであった。

 その日は友人が運転する車に頼りきっていただけに、列車バス乗り継ぎの旅、というのがとてつもなく心細く心配なことに思えたはずだったんだけれど、これから始まる何が起こるかわからない旅、というものがそれ以上に僕の野生本能を揺さぶって、ワクワクした冒険心が胸の奥からむくむくとふくらんでくるのであった。
 
 莒光号は台湾でいうところの急行列車にあたる。その莒光号に乗って、まずは南部の高雄から中部の彰化まで3時間と20分の移動であった。その挑発的な移動時間にココロ折れそうになりながらも、鹿港を予習する時間、寝る時間、ぼんやり窓を眺める時間と、大まかな時間割をつくって、まずはこれから行く鹿港がどんなところなのか、スマートフォンのGoogleで検索してみた。

 

そのむかし、台湾には「一府」、「二鹿」、「三艦舺」という三つのりっぱな港がありました。そのなかの「二鹿」鹿港と言います。台湾の中部に位置して、多くの文化人を輩出してきました。今でも多くの文化遺産が保存されていて、歴史のある古い都です。



 1時間もしないうちに列車は台南という駅で停まった。降りる人と、乗る人が、同じ数ずつ入れ替わった。実はここでもうひとりの友人と合流して、いっしょに鹿港を観光することになっている。そんな気の利いた手はずを、今日来られなくなってしまった友人が、僕のために整備してくれていたのである。

 もしかしたらこの車両に乗ってくるかもしれない。この車両に乗ってきたらいいな。隣の席が空いているんだから隣に来てくれるといいなあ。半立ち状態で先頭と後方のドアを交互に見張っていたけれど、車両のなかに友人の姿を見つけることはできなかった。

 列車は1分も遅れることなく到着時刻の11時40分ぴったりに彰化駅に停まった。

 ホームに降りるとばったり友人と会った。友人の屈託のない笑顔から、僕たちははじめから同じ車両に乗っていたことに、このときにはじめて気がつくのであった。駅の構内は人でごった返していて、人々は、とつぜん降りはじめた雨に、しばらく避難しているようだった。

 僕と友人は雨から逃げるようにバス乗り場までいっきに走った。発車時刻を調べて鹿港行きの乗車券を買った。53元はたぶん150円くらいである。

 バスの中で、友人は近くのおじさんに下車する場所を聞いていた。台湾人でも道がわからなければ人に聞くんだなあ、などとヘンなことに感心していると、バスは友人が押すブザーの音で停車した。降りたすぐ近くに案内板が立っていて、茶色の板に白の文字の観光場所を、矢印の先にいくつも示していた。


鹿港北上日記



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 鹿港
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

変わりゆくもの代わらないもの

2012/8/19 嘉義

 友人が運転する車の中で、もはや失望にも似たやりきれないような感情がぐるぐると旋回していて、考えを他の有意義な内容に移らせる気力もないまま、無機質に過ぎ去っていく窓の風景を、ただぼうぜんとした気持ちで眼の前にだらだらと流していた。

 觸口という阿里山のちょうど山地と平地とを結ぶ観光地は、駐車場にカラフルな大型観光バスがぎっしりと占拠していて、光きらりと反射するその四角いの鉄の箱から、原色を極端に配合した服装の団体が怒っているかのような大きな声を張りあげながらどかどか降りてきた。

 中国人観光客はこの数年でいっきに増加したと聞いていたのでそれほどに驚きはしなかったものの、ゴミ捨て場には収まりきれなくなった食べ物袋や、その食べ物に使われた串、飲みかけのペットボトルなどが散乱して、しかしよく見るとそのゴミは収まりきれなくなったのではなく、はじめからゴミ捨て場に捨てるという意思そのものがなかったという実際を、近くで時間通りにきびきびと処理している掃除係のおじさんが流している額の汗から見て取ることができたのである。

 駐車場の近くには八掌渓という自然がつくりあげた曲流の河が流れていて、向こう側の山裾にひっかかるようにつり橋がかけられていた。向こうから歩いてくる観光客とのすれ違い際に、バランスをとりつつ片側の隅に身を避けたものの、対向者はこちらの存在に気がつかないとでもいうかのように、大人二人がやっと横に並べるくらいのつり橋の真ん中をどちらかに寄るでもなくそのまま突き進んでくるので、やっとできた片側の小さな隙間に逃げ込むように、手すりに身体をこすりつける体勢ですり抜け、なんとか事なきを得たのだった。

 我が物顔でかっ歩する心無い観光客の集団を目の当たりにしてやるせない気分に落ち込んでいく一方で、自然がつくりだす素朴な背景の上にどこからともなく発生した多種多様多色の観光客の姿かたちが乗っかる図、というのががヘンに対照的で、またおかしくもこっけいに思えた。

 隣にいる台湾の友人はその一部始終をきびしい視線でとらえながらも、ときおり見せるかなしみにもあきらめにも似た表情に幾度となく同情の念を引きつけられ、そのたびに向けられる助けを求めるような眼差しが、深刻な切迫感をもって私の心の中に訴えかけてくるのであった。

 移動する車内でも先が見えない不安な気持ちが重く沈みかかっていくような気がして、シートにもたれかかる身体にその沈みつつある心を重ね合わせるみたく、出口が見えない暗闇の中で次の行き先にただただ身を任せて行くことくらいしかできないでいるのであった。

 車は嘉義の市街地に来ていた。車を降り嘉義公園とかかれた石碑を見届けてから熱帯の草木が生い茂る園内を歩いていく。整理された園内には小さな池や歴史的な建造物が無造作でありながらも適度な間隔を保って配置されており、あきらかに日本製と思われる狛犬の石段を上り、苔むす灯籠が立ち並ぶ参道を歩いていると、木と木の間からさらになつかしい風景が現れ出てきて、それを見た瞬間に頭の後ろを打たれたような、一瞬だけ前の記憶が飛んでしまうかのような衝撃が走り、それまでの重い気持ちをほんの少しだけ動かしたような気がした。

 数日前に日本の出国スタンプを押して台湾の入国スタンプを押したことに間違いはないが、日本に戻ってきてしまったかのような感覚に、それも日本の過去に遡ってしまったような違和感ありあまる不思議な感覚につつみこまれてしまった。真夏といえども太陽を遮る木々からこぼれる心地よい冷気と、あたりに満ちる湿った空気が、粛々とした落ち着いた気分にさせてくれたようだった。

 齋館、社務所といわれる日本様式の建築物はかつて嘉義神社としてそれぞれの役割を果たしていたが、今では嘉義市史蹟資料館としてその役割を代えて引き継いでいる。大正4年に創建されたという嘉義神社の本殿は、既にない。齋館社務所という二つの建物が当時の様子をそのままの形で伝えている。齋館はかつて清めや準備の儀式を行い、社務所は事務管理を行う場所として確かにここに存在した。

 嘉義神社は、台鉄の嘉義駅からバスに乗り、大きな通りをまっすぐに走って5分の嘉義公園の一角で、今でも静かに時を刻んでいる。


変わりゆくもの代わらないもの



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

  1. 嘉義
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ぶよぶよまみれの衝動

2014/1/3 彰化

 ベッドのうえでガイドブックを眺めている。そういえば彰化にはまだ行ったことがなかったなあなどと、半分寝ぼけた頭で今日の行き先をあれやこれやと思いめぐらすことから台湾の一日が始まる。

 僕は計画を立てることが苦手で、とりあえずどこかしらかのホテルには泊まってはみるものの、その日になってみてはじめて何をするかを決めるのである。だから台湾にいるときの僕はいつも退屈なんである。

 PLAZA HOTEL台中駅改札を出て右側の国光客運台中站バスターミナルを抜けた建国路沿いにあり、一泊だいたい1,400元(たぶん4,500円くらい)で泊まれて、その値段のわりに部屋はとてつもなく清潔で整頓され、洗濯機と乾燥機がいつでも使えて、机の上のアメニティセットにまぎれてうまい棒がひそかに2本備え付けてあるので、僕はたいそう気に入ってしまった。でもこのウワサが広まったらみんなこぞってやって来てハイシーズンなんかだと予約が殺到して泊まれなくなる可能性があるので、これは僕だけの秘密である。

 ホテルから歩いて1分もしない台中駅から電車に乗って気楽にいける場所であったし、もしかしたらまだ行ったことのないような気もしたので、よく分からないけれどまあ行ってみればあとはなんとでもなるっしょ、といういつもの行き当たりばったりなノリで、その日は彰化に行くことに決まったのであった。

 台中駅から彰化駅までは20分足らずで着いてしまった。正月三が日といってもそこには正月気分なんていう風情はなく、勤め人も学生もタイワンイヌもみんないつもの顔してさっそうと歩いている。新正月と言われる僕らが知っている正月は台湾ではごくごくふつうの平凡ありきたりな日なのである。

 地球の歩き方の彰化のページに肉圓(バーワン)のお店が紹介されている。よく見ると紹介されている3つのレストランのうち2つがバーワンのお店であった。今日は3分の2の確立でバーワンにあたるんだろうなあ、などと地球の歩き方しか世界を知らない僕はただそんなことばかりを考えて歩いていた。

 バーワンといえば挽いた肉の塊に、シイタケタケノコタマネギを混ぜ込んで、粉ものを練りまわしたぶよぶよの炭水化物で豪快に包み込んでしまう、というデブがいかにも好みそうな食べ物である(僕だ)。さらに彰化のバーワンは蒸す、などとというお行儀の良い調理方法ははなっから放棄していて、どうするのかというとぶよぶよに丸めたソレをあぶら跳ね散る大なべに放り込んでぶちぶち揚げてしまうものだからたまらない。まさに炭水化物あぶら大好きデブには感涙ものなのである(僕だ)。
 
 駅前の大きな通りを渡って3分も歩いていると2軒の肉圓店があった。阿璋肉圓正彰化肉圓である。2つの店は一本のそれほど広くない道を隔ててはす向かいに並んでいる。そのとき立っていた場所にたまたま近かった阿璋肉圓に入った。僕は35元(たぶん100円くらい)をおばちゃんに渡すと、でてきたでてきた。湯気たちのぼるぶよぶよの肉塊、というかむしろ炭水化物とあぶらの塊。そのあぶらが素敵な感じに染み出ている。ヨコには正体不明の赤いタレがかかっていて、パクチーの緑がいいアクセントになっている。

 できるだけいっきに食ってしまおうとおもいっきりでっかい口でかぶりついた。サツマイモの粉で練られたというデンプン質たぷたぷのぶあつい皮の中からあっつい豚肉が飛び出して、アヒィアヒィアヒィとなっていると、同じカウンター席のとなりにスープを手にしているおっさんを発見。ガラスの向こうにセルフサービスの巨大ずん胴がどでんとすわっていた。豚の脳みそスープを飲みながらぶよぶよのなかのモノモノが冷えるのを待った。

 彰化をあとにしようと駅前に戻ると、駅舎の様式と噴水のたたずまいがすっきりと正面に入った。行ったことがない、と思っていた彰化であったが、以前にも来たことがあった、ということをこのときはじめて思い出すのであった。


ぶよぶよあぶらまみれの衝動



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

  1. 彰化
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィールです。

みのりおん

Author:みのりおん
台湾はちんほうちゃな食べ物であふれている。でもそこで出会ったのは、食べ物ばかりでなく、美しいシゼン、よく眠るイヌ、そしてとても優しいヒトビトだった。そのどれもが、明るくて、のんきで、楽しくて。そんな「ちんほうちゃ」な出来事を、とりためた写真の隅っこから、いつもニヤニヤしながら切り取っているんです。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味です。
※本ブログの登場人物は基本的にすべて仮名を使用させていただいております。

いろんな場所にいきました。

台北 (10)
基隆 (2)
新北 (4)
新竹 (14)
苗栗 (3)
台中 (14)
彰化 (4)
鹿港 (2)
南投 (5)
日月潭 (3)
嘉義 (4)
台南 (10)
高雄 (11)
屏東 (4)
墾丁 (4)
小琉球 (2)
宜蘭 (10)
花蓮 (10)
太魯閣 (2)
台東 (11)
台湾日記 (1)

ぶろぐ村です。

facebookもやっています。

Twitterはじめました。

メッセージはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR