台湾ちんほうちゃ日記

~ガイドブックにない無目的が目的の究極のひまつぶし~

ショウリュウキュウの汐と風

 阿檀の葉とムラサキ色のグンバイヒルガオが咲いている坂道を、レンタルバイクでブンブンのぼっていくと、ふいに木立がひらけて、弱まりかけた午後の日差しの中に、まだあざやかなほど青色にひろがる空が見えてくる。

 琉球遊客中心は島の北側の白沙港を見下ろす小さな丘の上にあった。バイクを降りるとすぐに、あのうわーんとした湿っぽい熱気が、それいけとばかりいっせいに体のあちこちにまとわりついてきた。

 建物の中は扇風機が2台まわっているだけであったが、室内のどこかで開け放した窓がちょうど風の入り口になっているようで、港から吹き上がる乾いた風が、建物の中をいっそう涼しくしているようだった。

 ペットボトルの水を飲み干してカウンターに視線を落とすと、小琉球の各所を紹介する色とりどりのパフレットに混じって、蒼いインクが染み込んだ古びた木枠が目についた。枠の中には四角や円型のスタンプが正しい顔で並んでいる。そのうちの一つを手に取り、インクを十分に染み込ませて、無印良品で買った文庫ノートの新しいページに、トスン、と押しつけた。

 キノコの形をした花瓶岩が、きりりと濃い蒼色に浮きあがり、円の縁からはみ出るようにフェリーが描かれた。それらに重なるようにFUN琉球の文字がある。私は閉じた反対のページにインクが写らないように、インクの艶の状態を注意深くうかがっていると、ふと、手洗い場につながる通路の向こうから、コテイちゃんが手招きしている姿が見えた。

 通路はそのまま、ベランダのような外の景色が見渡せる場所に続いており、視線のまっすぐ先には、白いペンキで塗りつけたマンガのような入道雲が、海の空の向こう側にぺったりとへばりついていた。港には漁船が7、8台、真面目な昆虫のように、波止場に垂直になって、静かに停泊していた。

 私は、はじめて台湾に来た頃から、ずいぶんと深い所にまで踏み込んでしまったものだな、と思った。今まで台北や台南など、ガイドブックで大きく取り上げられているような、有名な都市ばかりを歩いてきたし、それで十分だった。それが、自分が持っているガイドブックでもほとんどページが割かれていないような土地に来ることになるとは、これぽっちも考えてもみなかったから、ついため息が出てしまった。

 考えにもならない思考で頭をぶらぶらさせているとき、となりのコテイちゃんがバックからハンカチを取り出し、そのはずみで、潤いのあるキンモクセイの香りが、汐の匂いにフワリと流れた。ハンカチと思ったのは手ぬぐいで、夏の夜の花火の柄だった。それは一年くらい前に、私がお土産として贈ったものでもあるようだった。違いがあるとすれば、木綿の晒の端に、彼女の名前が小さな2つの文字で白く刺繍されている点である。彼女の、ときおりはにかむような、遠慮がちでどこかに哀愁を含んだ表情が、その台湾特有の薄化粧の奥から、あいまいに吹きつける汐の風の中にまぎれて見えた。

 部屋の奥から、ぺるお君の呼ぶ声が聞こえて、私たちは、再びバイクを走らせた。行き先は、スタンプが描いた、花瓶岩、ということになっている。

***太陽のかがやく小琉球で***


小琉球







ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

  1. 小琉球
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ルーガンの迷い方

 クレちゃんと台南から台鐵に乗り込んで、しこたま3時間半かけてやってきた小さな旅は、こきざみに降りつける雨の中からはじまりました。停車を知らせるベルの音からしばらく間をあけてから、あっ、いけね!いま気がつきました。とばかりに、バスはわたしたちの体を慣性の力ではげしくゆさぶりながら、道路のわきに停車しました。バスを降りたところはルーガンという街でした。

 道路をへだてた先に、細い通りが入り口をあけているのがみえました。両端には小さなお店がいくつもならんで、さまざまな色の服を着たおおぜいの人たちが、ざわめき行きかっていました。レンガ造りの茶色い通りで、同じように茶色くて古いレンガの建物が、通りの奥に向かって細長く続いていました。わたしたちは鹿港老街とかかれた標識をくぐって、空のあかりを受けて光っている、湿り気のある小さな通りに入っていきました。

 ちょうどお昼ごはんの時間でしたので、八角の刺激のある臭いが、いつもの時間よりも、あたり一面に色濃く漂っていました。クレちゃんとわたしは、路地の一角にある、間口二間足らずの小さな麵線屋に入りました。ややとろみのついたスープは深みにいくほど舌に熱くさわるのですが、麵線そのものは細くてやわらかいので、ここちよくぽろぽろと口の奥に流れ込んでいきました。

 「ルーガンに来るのははじめてだから、うまく案内できないかもしれない」と、クレちゃんは麵線をうごかす箸をとめてから、いささか困ったような顔つきでわたしに言いました。わたしにとってもルーガンは今日がはじめての旅行でありましたが、「それはむしろいいことだと思うよ、お互いはじめて同士だから知らない街を迷いながら歩くことができるんだ」と、ドンブリの底にあつまった最後の汁をすすりながら、わたしはとっさに思いついた言葉で返しました。

 その日は夏の季節にしては、いやに湿ってなまあたたかい風が吹いていました。そのなまあたたかい風の中で、台湾人の友だちが自分の国の知らない土地を旅行する気持ちと、まったくの外国人で言葉も土地も知らないわたしが台湾を旅行する気持ちとをならべてみて、わたしはなにかあやしくも魅惑的な、それぞれの目に映る風景の違いにも通じるような、ひとりひとりがもっている旅の事情、というものを密かに垣間みたような気がしました。

 ルーガンは台湾文化史に燦然と輝く由緒正しい歴史の街、ということになっておりますが、その土地に住む人々の、よそゆきでない普段どおりの生活が、いたるところからにじみ出ていました。ガイドブックに載っている歴史的建造物の軒先には、まだ洗ったばかりの洗濯ものがぶら下がっていたり、また、厳しく立派な門の前には、個人仕様のバイクがむきだしになってころがっていたりしました。

 夕方に近づいた晩夏の、なんだかぼやけたような薄闇があたりに広がりはじめたころでした。それまで歩いていた路地の幅が、いくぶん狭まってきていて、手を伸ばせばすぐに触れるくらいのところにまで、茶色いレンガの壁が迫っておりました。いままで吹いていたなまあたたかい風も、電気のスイッチを切ったかのように、ぷつりと途絶えていました。ここに来るほんの少し前に、わたしたちは九曲巷とかかれた標識をみかけていましたが、迷い込んだのはどうやら九曲巷らしいということがようやく分かってきました。

 その路地は、東北の風の吹き込みを防ぐ目的のために造られたということですから、風が止まって感じられた理由も自然と納得できるものでした。九曲巷はまるでヘビのようにくねりながら、迷い込んできた旅行者にからみついて離さない、出口のみえない迷路のように果てしなく続いているようにみえました。そしていままで降りつけていた雨も、いつの間にか止んでいました。

***鹿港さんぽ***

ルーガンの迷い方

ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

  1. 鹿港
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィールです。

みのりおん

Author:みのりおん
台湾はちんほうちゃな食べ物であふれている。でもそこで出会ったのは、食べ物ばかりでなく、美しいシゼン、よく眠るイヌ、そしてとても優しいヒトビトだった。そのどれもが、明るくて、のんきで、楽しくて。そんな「ちんほうちゃ」な出来事を、とりためた写真の隅っこから、いつもニヤニヤしながら切り取っているんです。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味です。
※本ブログの登場人物は基本的にすべて仮名を使用させていただいております。

いろんな場所にいきました。

台北 (10)
基隆 (2)
新北 (4)
新竹 (14)
苗栗 (3)
台中 (14)
彰化 (4)
鹿港 (2)
南投 (5)
日月潭 (3)
嘉義 (4)
台南 (10)
高雄 (11)
屏東 (4)
墾丁 (4)
小琉球 (2)
宜蘭 (10)
花蓮 (10)
太魯閣 (2)
台東 (11)
台湾日記 (1)

ぶろぐ村です。

facebookもやっています。

Twitterはじめました。

メッセージはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR