台湾ちんほうちゃ日記

~ガイドブックにない無目的が目的の究極のひまつぶし~

ときどき静かに漂流する

 「ここから、高雄な。おい」

 ひだりの運転席からリブヲの声がしているのに気がついた。

 「あ、う~。なんだよもうかよ。まだ早いじゃないかよ」

 ちょうどうとうとしかけていたところだったので、どことなくやる気なさそうな言葉がふいに口をついた。

 台湾の南部には玉山から台湾海峡にかけて高屏渓という大きな河がながれ、河に架かる高屏大橋屏東県高雄市をむすぶひとつの境界になっている。

 リブヲの話によると、このままあと30分も走っていれば高雄市の中心部までたどり着くということだった。

 橋の下の底の浅そうな河には、途切れたりかたまりになったり、かさかさした灰色の中州がはてしなく横たわっているのが見えた。

 特に行きたい場所があるわけでもなく、かといってホテルに帰るにはまだ早すぎたし、晩飯までにかなりの時間があったので、僕らは、なんとなく通りかかった大東文化藝術中心で車を降りることにした。

 敷地内は自由に歩くことができた。案内板には演芸場、展覧棟、芸術図書館などがあり、そういった文化的な施設を複合的に集約したような場所みたいだったけど、月曜日の今日は閉館日にあたるためそのどれもが閉まっていた。

 噴水のまわりは、まだ小学校に上がる前の子供たちが裸足で走りまわっていた。そのすぐ頭上には、気球を模した造形があり、僕らはちかくのベンチに腰を下ろして、屏東で買って飲みかけのもう氷が溶けてぬるくなったお茶で休息した。

 「月曜日は、休みが多いんだな」

 「そだ。みんな仕事する。だから月曜は休みだ」

 そうか今日は休みであったのか。僕は会社の休暇をつかってはときどきこうして台湾を歩いている。だから台湾にいて仕事と曜日の感覚を意識することはほとんどなくなっていた。
 
 ふいに、心の奥のほうで欠落のそれに似た空洞のような寂しさがぽっかりと口を開いているのを感じた。ふと、自分はいったい何をしているんだろう、と思った。それから、今自分は人生のどの位置にいるんだろう、と思った。

 これまでいったい何をしてきたんだろうか。これからいつまで続けていくつもりなんだろうか。その先にはいったい何が待っているというのだろうか。自分が望んでいたことだったのだろうか。このまま後悔はしないのだろうか。

 だろうか、だろうか、ときて、もういったいなんなんだろうか。そうした思考が縦にも横にも混ざりあって、とりとめのない不安な気持ちが胸のなかで奇妙にふわふわとゆれ動いている心持がした。

 それから、そろそろ人生の折り返し地点に来ているのかもしれないな、と思った。

 四十にして惑わず、と言う。自分は二十ぐらいのときからすでに惑っていた気がする。三十のときも同じように惑っていた。そして四十をこえた今でも惑い続けている。これからもきっとそうなるだろう。五十になったとき、自分は天命を知っているとは思えない。

 右往左往する思考をかかえたまま、ベンチに座る母親のまわりをキャーキャーと無邪気にかけまわっている子供たちを遠くに眺めて、僕はリブヲとともに車のある駐車場へかえっていった。

***高雄の大東文化藝術中心で***

大東文化藝術中心




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

  1. 高雄
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

屏東、午後の真ん中に

 台湾メシ食いたい。屏東メシ食いたい。とにかくなんでもいいから食わせろ!

 すきっぱらなのに山登りをしてしまった引きかえに僕らが支払った代償は、とにかくもう死にそうなくらいの腹の減りぐあいだった。リブヲの運転する車のなかは、とうに昼をすぎた15時をまわっていた。

 「屏東觀光夜市にいけばメシが食える。まってろ」

 リブヲは高雄人ではあるけれども、同じ台湾南部にある屏東の地元民でもないので、慣れない屏東の街の道路のつくりの方に、ひそかに手こずっている様子であった。

 屏東觀光夜市はさすが観光と書いてあるだけあって、ちかくに思ったとおり商業的でがっつりひろめの駐車場が併設されていた。

 夜市、とはいったものの、僕たちはまだまだ午後のまんなかくらいの時間に夜市ストリートを歩いて、メシが食えそうなところを物色した。そのなか、カウンターの奥からもくもくと湯気があがっている店があったので、とりあえずその軒下にはいった。

 鷄肉飯の店のようだった。お茶碗くらいの器にメシと鶏肉の割いた肉をのせたものをふたつ注文して、さらさら食ってしまった。

 「足りないよな」
 
 「うむ、足りない」

 台湾の夜市では、はしごメシをすることが日常茶飯事だから、僕らは当然のごとく2軒目に入っていった。碗粿(ワーグイ)という食べ物で、これはこまかくすりつぶして蒸した米に、けっこう濃そうな茶色いタレをかけたものだった。そいつをスプーンでほじくったら、なかから肉がでてきたので、プリンのようなデザートを想像していた僕にとっては、その極端ぶりに驚くべきものがあった。

 「ところで、あした面接なのにこんなところで遊んでいて、大丈夫か?」

 僕はすこし気にかかっていたことをリブヲに聞いてみた。

 「あまり遅くならなければ、だいじょぶ」

 リブヲは当たり前のことを当たり前のように返した。

 「ところで君、今回の転職で何社目なんだい?」

 「9社目だな」

 「ブフォッ。
おい、いくらなんでもそれはちょっと多すぎじゃないのか」

 僕はテーブルに噴きこぼした
碗粿を、予備に残しておいたティッシュで拭いた。

 「少ないほうだな。10社は当たり前だな」

 日本の企業は転職の回数が多いとあまり良い印象をもたれない、なんてことが当たり前のように言われているが、台湾の企業は、そのような考え方はまったくないみたいだった。日本でも最近になって転職回数が4、5社の人たちがぽつりぽつりと増えてきているような気もする。しかしまだまだ台湾のそれには遠くおよばない。
 
 「だからといって、9社はけっこう多いだろよ。そういうものなのか」

 「いつでも条件がいいところにいく」

 スプーンで4回、5回すくって、碗粿はなくなった。

 遅い午後のメシは、昼飯だか晩飯だか、どちらに寄せればいいのかなんだかわからない。僕らはこの後に待っているであろう晩飯をなるべく侵食したくないと考えて、メシは一旦おしまいにした。

 最後に、飲み物をテイクアウトして帰ろうと、お茶スタンドに寄った。すでに出来上がっているお茶をただコップに注ぐだけだからすぐにできるだろうと思っていたのに、気がついたらできあがるのをしっかり待っていた。簡単そうに見えてちょっと時間がかかるところが、どこか本格的だった。

 ストローでお茶を飲みながら、僕らは高雄に帰るために車の停めてある駐車場に戻った。

***屏東觀光夜市の遅い午後***


屏東觀光夜市-11

屏東觀光夜市-2

屏東觀光夜市-3

屏東觀光夜市-44


ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

  1. 屏東
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィールです。

みのりおん

Author:みのりおん
台湾はちんほうちゃな食べ物であふれている。でもそこで出会ったのは、食べ物ばかりでなく、美しいシゼン、よく眠るイヌ、そしてとても優しいヒトビトだった。そのどれもが、明るくて、のんきで、楽しくて。そんな「ちんほうちゃ」な出来事を、とりためた写真の隅っこから、いつもニヤニヤしながら切り取っているんです。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味です。
※本ブログの登場人物は基本的にすべて仮名を使用させていただいております。

いろんな場所にいきました。

台北 (10)
基隆 (2)
新北 (4)
新竹 (14)
苗栗 (3)
台中 (14)
彰化 (4)
鹿港 (2)
南投 (5)
日月潭 (3)
嘉義 (4)
台南 (10)
高雄 (13)
屏東 (7)
墾丁 (4)
小琉球 (2)
宜蘭 (10)
花蓮 (10)
太魯閣 (2)
台東 (11)
台湾日記 (1)

ぶろぐ村です。

facebookもやっています。

Twitterはじめました。

メッセージはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR