うしろのボツボツ

 そうしてブンちゃんが注文してくれたマンゴーかき氷がテーブルに運ばれた。かき氷とはいってみたもののよく見ると氷の部分があきらかに黄色く、いかにもマンゴーのあまい汁が混ざっているんだぞうという感じがどうも確信犯的だ。そうきたらマンゴーかき氷というよりもむしろマンゴーアイスといったほうが正しいのかもしれない。

 さっそく真ん中あたりをスプーンでこわして、だいだい色の果肉といっしょに口にいれてみた。アイスは思ったとおり空気をふくんだほそい線状のわた菓子ふうで、すぐに口のなかで溶け、肝心のマンゴーも歯でかんでいる暇もなく舌の先で押しつぶされてあっけなく果汁になってしまった。

 東京で日々アルコール漬けだったカラダには、場違いなほどに新鮮で、もったいないくらいみずみずしいモノが、そのままストンと体内に吸い込まれていくようで、枯れた肉体がじわじわ生気を取り戻していくようなヘンな心地よさがあった。

 僕がいつもの牛丼わしづかみ体勢でワシワシと食っていると、ブンちゃんは「マンゴーはウルシの仲間なんだから、あんまり食べる過ぎるとかぶれるんだよう。ハハハ」と、そのきっちりした日本語で冗談とも本気ともつかない顔をしていったので、なんだかカラダのあちこちから、それまで隠れていたムズムズが全身に広がっていくような気がしてきたじゃあないか。

 そんなふうにおびただしいマンゴーに囲まれながらそいつを食べていると、台南玉井では、場所も気候もちがう台北なんかの大都市とくらべて、新鮮なマンゴーが新鮮なうちにけっこう安く食えるんだろうなと思った。僕にはほんとうの相場はわからなかったけれど、台北もふくめて、いかにも遠くから来ていそうな台湾の人たちが、マンゴーが詰まった籠をいくつも抱えて車に運んでいる姿があったので、それはほとんど確信にちかかった。

 玉井果菜市場をはずれまで歩いていくと、突然、黒焦げになったスズメがリアカーに山済みになって売られていた。僕は「なんだなんだ!台湾にはスズメの姿焼きもあるんか!」とブンちゃんに聞いたら「ちがうちがう。あれは菱角だよう!」と答え、そしてついでだからとひと袋買ってくれた。菱角というのは水辺で採れるヒシという植物の実で、黒い硬い殻を割ったなかから栗みたいな実がでて、味もずいぶん栗にちかいものだった。

 菱角をぽりぽりかじりながらバス停まで戻った。停留所のちかくにこじんまりとした土産物屋があり、いろいろな種類のドライマンゴーが袋詰めにされて売られていた。パッケージには以前に台南の友だちにもらった玉井愛文という字があった。

 「そうか、ここにあったんだなあ」と、僕はなんだか懐かしい感じがした。今まで名前ばかり知っていた玉井だったけれど、こうしてブンちゃんの助けをかりて、今日、あらためて来ることができた。午後の日射しのなか、帰りの台南行きのバスを待ちながら、なんとなく、「マンゴーの故郷は台南玉井なんだなあ」という想いがきらりと輝いて台南の青い空にそのまま突き抜けていくようだった。

***玉井市場の芒果冰***


黄金色のボツボツ




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR