泰雅酔酔録

 天送埤を出た車は10分も経たないうちに田媽媽泰雅風味館という看板の料理店の駐車場に停まった。ここがミツル君の言っていたお父さんの友達が経営しているお店なんだな。

 中に入るもののお客さんは一人もいない。すると奥から日に焼けたいかにも腕っ節の強そうなおとっつあんが現れた。おとっつあんは僕らを入口ちかくのテーブルに座らせるとガッハッハと威勢よく笑いミツル君のお父さんに何か言った。

 ミツル君の翻訳によると今日はお店が休みで食べ物はないということだった。それでもまあお茶でもという話の流れなのか、店内に陳列されていた刺葱蚕捲の袋がさっそうと封切られた。

 その袋の表面には「新鮮なたまごと小麦粉揉は合ってなります、食感は柔らかくて脆くて厚くて充実しています。見るだけでよだれが出てくる」と日本語の説明がしてあった。

 蚕捲というロール状の玉子菓子をザクっと噛んでみたらクッキーの破片がポロポロと舌に落ちて唾液を吸い取り始めた。それに呼応する形で、なるほど、唾液腺からよだれがあふれ出てくる。クッキーと葱の組み合わせがまたよい。

 続いてパック入りの茶色いゆで卵と黄色い透きとおった漬物みたいなものが出てきた。「ゆで卵はお茶で味付した茶香燻製蛋で、黄色いのは青木瓜というパパイヤの漬物なんだよ」と、ミツル君はすかさず説明を入れる。

 それからおとっつぁんの奥さんと思われる人が、なんと、料理がのった皿やら鍋やらを次から次へとテーブルに運んでくるではないか。それはお店で注文する料理というよりは、家庭料理、といった風情で、どこか心地のいい温もりがあった。

 おとっつあんはビールケースをドスンと足元に置くと、ビンの栓を勢いよく抜いた。「おう、ニホンジン!カンパイだ!ガッハッハ!」突如おとっつあんの口から日本語が出た。

 「ノメノメ!コンニチハ!ガッハッハ!」そう言って、僕の目の前に置かれたコップにガバガバと台湾ビールが注がれた。さらにミツル君のお父さんのコップにも注いで、おとっつぁんのコップにもなみなみと注がれた。

 ビールは体積が減るそばから断続的に補充された。泡がこぼれそうになるので、僕はシエシエシエシエと言っては口を受け皿がわりに吸い取るが、すぐにまた次の泡がこぼれそうなほどに満たされる。

 おとっつあんは台湾原住民の泰雅族(タイヤル族)と言った。その飲みっぷりは僕なんかから見たら戦闘民族そのもので、やがて酔いがまわりはじめると、はるか宜蘭の奥までやって来た旅行者特有の観察眼はたわいなく崩壊し、カメラは宙に舞い、空きビンが倒れた。

 いつの間にか難しい漢字のラベルの貼られた無色透明なけっこうヤバそうな酒も並んであって、そんな酒や料理たちが目の前で脈略なく近くになったり遠くになったり、何もかもが笑っているみたいに見えてきたようだ、、、そんで、、なんだか、よっぱらってしまったようじゃあないあ、、、◎、。☆。×〇。。、××

***宜蘭泰雅村の田媽媽泰雅風味館***

泰雅酔酔録




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR