いつもここから

 ならんだ入国ゲートの列の進みかたが他の列よりもちょっと遅かったから、もどかしくって、それでも、到着ロビーの自動扉がウインとひらかれれば、まぶたいっぱいまんべんなく光がとびこんで、鼻孔がゆるんで、ニオイが、あのニオイが、食べ物からでるような、あまい感じの気体が、ふわふわふわふわって、体の空気といれかわる。

 あの頃から、変わってない。
 「おいおい、ちっとも進歩ないんじゃあないか、まったくよう」って。
 うれしかった。変わってない。ほんとうに、嬉しかった。

 あのとき電源きってたスマートフォン。お気に入りだった台湾専用のスマホ。どこを押しても動かない。だから、クロネコヤマトの宅急便のカウンターで、Wifiをかりる。日本で使ういつものスマホに接続する。画面のアンテナが、立った。時計が、1時間もどって、タイワン時間になった。できた。また、これで、どこでも行ける。どこへでも行ける。

 スマートフォン。ずっとずっといつもマナーモードで生活してきた。マナーモード以外のモードを知らない。それが、ふつうと思って、生きてきた。でも、今日から気にすることなんてない。気にする人なんていない。マナーモードをきって音量をあげてみる。もっともっと、いっぱい。そうすれば、地下鉄でも、レストランでも、デパートでも、みんなの着信音の仲間にはいれるかな。

 行き先は民權西路。ミンケンセイロ?ミンカンセイロ?もう読み方わすれてた。いちばん上の付箋紙に、民權西路、とでっかく書いた。ペンと紙は命綱。これさえあれば、なんとかなる。なんとかなってくれる。みんなが、台湾のみんなが、なんとかしてくれる。いつも、そうだったから。

 黄色いタクシーは、台北松山空港から、民權西路への道を、まっすぐ、走った。赤い看板も、黄色い看板も、青い看板も、左右にきって、走った。むずかしい繫体字が、いくつもいくつも浮かんでいた。

 何年か前に残した100元札。まだ使えるんだろうか。ドキドキして、運転手さんに渡した。
 「ありあと」運転手さんは、日本語で言った。
 お返しの言葉は、たしかプーフェイ(不會)。
 「プーフェイ、プーフェイ」二度くりかえす。これだ、これだ。思い出した。

 燃えるような青い空と、まぶしすぎる太陽。暑いだけなら、今の東京、負けてない。ずっとまえに梅雨明けした台北の空。痛いような暑さ。ロア?ガベシー。ロアガベシー?!またひとつ、思い出した。ロアガベシー。暑すぎて、死にそうだ。

 もう、なんども来ていた民權西路。いままで、終わりはいつも民權西路だった。台北松山空港まで、道はいっぽん。時間は15分だけ。ぎりぎりまで、遊んでいられたから。いつも、いちばん最後に別れる場所。でも今日は、そんな終わりの場所から、始まった。そして、もうすぐ、なつかしい友だちがやって来る。

*** 台北の民權西路 ***

いつもここから2





ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加



コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25
おでん屋のマナー 2018/03/18
金魚れもん 2018/03/11
排骨と飯と午後の予感 2018/03/04
アタマのコンクリとけだした 2018/02/25
風の方向に帰ります 2018/02/18

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR