せんぷうきはまわりだした

 ピーコーピーコー
  ピキキキキキキキキキッ 

 あかぬけない鳥のなき声のような電気音がなりやんでから台北MRTのドアがゆっくりと閉まりはじめた。冷気のあたる銀の手すりにもたれかけて、果てしなく落ち着ききった正午すぎの車内を、もっさりしたバックパックを背負ったまま眺めていた。

 「ふへぇー、淡水信義線ってなんだ?こんな路線あったかい?」

 「ははは、新しく信義線ができて淡水線から淡水信義線に名前が変わります。台北は、いつでも、どこでも、すぐ、変わりますよ」

 台北のブンちゃんは屈託のない顔でこたえた。

 民權西路駅から3つめで台北駅に着いた。地上にでるとここぞとばかりにムアっとした熱風がふたたび僕の体をおそいはじめた。

 「あついあついあつい。これじゃあ東京とおなじゃないかよ。なんでこんなにロアガベシーんだ!」

 「今日は涼しいほうの日ですよ。ははは」

 ブンちゃんは涼しい顔して言った。

 ブンちゃんの後について、台北駅から南西方面に走る重慶南路一段漢口街一段の交差点まで来ると、近代的なビルの谷間にいっぽんの古めかしい路地があやしげな口をひろげていた。城中市場だ。

 ブンちゃんは歩調をゆるめることなく、こなれた足取りで路地を奥へ奥へと進んでいく。しばらくすると路上に赤い地に白抜きで老牌牛肉拉麵大王とかいた看板がつきでて、そのすぐ下のテーブルには人びとのカタマリができていた。
 
 店内は注文をとる店員と出入りする客がせわしなく入り混じり、扇風機のクルクル回転音に合わせて、大鍋から小鍋から間断なく吹きあがる水蒸気がいたるところで空中戦を繰りひろげていた。

 僕は立ちどまる余裕も与えられないまま、人びとのすき間に割りいるように、かろうじて空いていた奥の席までいって、重苦しい場違いな35Lバックパックを狭いテーブルの柱に立てかけた。

 「なに食べるの?」

 「お、おススメで!」

 僕はメニューが読めない。ブンちゃんに教えてもらいながら、そして難しい漢字からあれこれ空想してみるものの、結局のところ食ってみないと分からない。それでも、その店の看板メニューのようなものを食べれていれば、たいてい間違えのないことは分かっている。

 酒のつまみのような色の濃い料理が運ばれてきた。これは滷味(ルーウェイ)という煮込み料理で、黒いのは米血糕 (ミーシエガオ)といって豚の血を米を混ぜてカタめた料理なんだそうだ。

 つづけて麻辣牛肉拉麵がでてきた。僕はさっそく真っ赤な汁をレンゲにすくって胃にながした。あぶらと香辛料の八角の感じがいかにもタイワンだ。備え付けの辣油をさらに上から垂らして、米血糕といっしょに食べる。米血糕のモチモチがいい感じに辛さを中和してくれる。

 ふとい麺をすするたびに、赤茶色の汁がピチピチと僕のTシャツに新しい模様をつくっていった。扇風機の風が絶えまなく吹きつけるテーブルの向かいで、そんな僕を、ブンちゃんはいつものおおらかな眼差しで、じつに問題なく眺めていた。

***台北城中市場の老牌牛肉拉麵大王*** 


せんぷうき1



せんぷうき2




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25
おでん屋のマナー 2018/03/18
金魚れもん 2018/03/11
排骨と飯と午後の予感 2018/03/04
アタマのコンクリとけだした 2018/02/25
風の方向に帰ります 2018/02/18

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR