台湾ちんほうちゃ日記

~ガイドブックにない無目的が目的の究極のひまつぶし~

陽の傾く方向に

 台北バスステーションの新竹往きバスが到着するフロアまで来るとひとの数はぐんと減り、太陽光の届かない待ちあいベンチには金曜日の午後の疲労をほんのり含んだ週末への期待に向けたおだやかな落ち着きがあった。

 台北新竹を結ぶバスはたいてい5分おき、ないしは10分おきに発着しているらしく、僕らは、待ってました、という実感もないまま、早々と目の前に停車していたバスのステップを駆け上った。

 乗客は僕ら2人を含めた3人だけで、しかも新竹直行の高速バスとくれば、今後の乗客もおそらくないだろうという見込みもあって、僕は2人がけの座席の片方にバックパックを降ろしてただでさえひろい座席を心おきなく活用した。

 飛行機の中で聞こえが悪くなった右耳の通りをよくするために、両鼻をつまんで両鼻に圧力をかける耳抜きというものをしていくらかの聴力を取り戻したので、通路を隔てたブンちゃんとの会話もようやく形をともなうものになっていった。
 
 途中の高速道路で事故があり予定時間を過ぎた1時間と少しを費やしてバスはおそらく終点となるはずの新竹バスステーションで停車したと思われたものの、そこは何もないただっぴろい駐車場の目印になるものといえば端のほうに星築SOGOのビルを見上げることができるだけの寂しいところでしかなかったが、僕らが第一に知りたかったのは予約していたホテルへの行き方でありそれを実現するための手段だった。

 「プーハオイース。あ、あの、ここは新竹駅ですか。」

 それまで僕らと同じバスに乗っていたおそらくは地元の人らしい二十歳くらいの女子学生に、少し迷いながらもブンちゃんが尋ねる場面があった。
 
 僕には台湾人が話す言葉の意味まで理解できない。それでも、この後の行動とその結末から、概ね次のような会話が交わされていたことは僕にもなんとなく推測できた。

 「はい。ここは新竹バスステーションの新竹轉運站新竹駅の南になります。新竹駅からは、少し離れています。」
 
 女子学生はずっと昔の知り合いと話をするかのように快活にはきはきと答えた。

 「私たちは西大路658号に行きたいんです。ここから遠いですか?」

 ブンちゃんの聞きたいことは僕の知りたいことであった。だから言葉の話せるブンちゃんは僕にとってとてつもなく大きい存在だった。

 「そこへは歩いて行くのはかなり遠いです。新竹駅に行けばタクシーがあります。でも、ここから少し歩きます。タクシーを拾うのであれば、私がよく使うタクシーをここに呼びますから。」

 僕はスマホに電話をかける女子学生とブンちゃんの後に続いて歩いた。遅い午後の黄色い太陽は、僕らの頭上に、まだまだ強烈な日差しを落としていた。駐車場の一方の端まで近づくと、通りに面して警察宿舎と書いたバス停があった。

 「この場所は目印になりますから。タクシーはすぐに到着します。」

 女子学生とブンちゃんはこの後も会話を続けているようだった。しかし僕には、それ以上推測する力は持ち合わせていなかった。

 ほどなくして通りの向こう側の車線にタクシーが見えた。女子学生は手を振って、僕らがいる車線にタクシーを寄せた。僕は女子学生もいっしょに乗っていくものだと思っていたが、彼女は「それでは気をつけて!」というような一言だけを残して、まるで何もなかったかのように、ごく自然のそぶりで僕らとは反対の方向にひとり歩いていってしまった。

 冷気がよく効いたタクシーは、それから、やがて、いつものように、陽の横に傾きかけた賑やかな新竹の街並みに、すいすい溶け込んでいった。

***西日のあたる新竹轉運站で***

陽のながれる方向へ1


陽のながれる方向へ2




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

  1. 新竹
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<記憶のかいてん | ホーム | せんぷうきはまわりだした>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chinhoucha.net/tb.php/115-3dca75df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィールです。

みのりおん

Author:みのりおん
台湾はちんほうちゃな食べ物であふれている。でもそこで出会ったのは、食べ物ばかりでなく、美しいシゼン、よく眠るイヌ、そしてとても優しいヒトビトだった。そのどれもが、明るくて、のんきで、楽しくて。そんな「ちんほうちゃ」な出来事を、とりためた写真の隅っこから、いつもニヤニヤしながら切り取っているんです。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味です。
※本ブログの登場人物は基本的にすべて仮名を使用させていただいております。

いろんな場所にいきました。

台北 (10)
基隆 (2)
新北 (4)
新竹 (14)
苗栗 (3)
台中 (10)
彰化 (4)
鹿港 (2)
南投 (5)
日月潭 (3)
嘉義 (4)
台南 (10)
高雄 (11)
屏東 (4)
墾丁 (4)
小琉球 (2)
宜蘭 (10)
花蓮 (10)
太魯閣 (2)
台東 (11)
台湾日記 (1)

ぶろぐ村です。

facebookもやっています。

Twitterはじめました。

メッセージはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR