この夜を越えたら

 まだ観光らしいことをほとんどしていないのに、台湾についたそばから風邪をひいてしまったことを思うと、今回の旅は苦難に満ちたものになりそうだという予感に包まれ、私はひどく落ち込んだ。

 雨は降りはじめるものの肝心のバスがまだ来ないので、近くのコンビニでペットボトルの水を買いがてら何気に雨宿りでもしようと自動扉の前に立った。ガラスの向こうに薄茶の犬が一匹寝そべっている。

 扉が開き足を一歩踏み入れたとき犬と目が合った。犬はそれまで床に落としていた首をもたげるや否や、こちらに向かってすごい剣幕で吠えだした。私は豹変した犬の容姿と力のこもった殺気にたじろぎ、その場から逃げるようにして離れた。

 ふたたび停留所に戻った。雨は止んでいた。

 バスに乗り座席につくとゲホゲホゲホとたてつづけに咳が出た。頭上から両肩に風が冷たく落ちていた。喉の通りが一段と狭まったことを咽頭の鈍重な感触から認識した。

 私は、今も、そしてこれからも会うであろう友人のことを考えた。風邪をうつすことだけはどうしても避けなければならない。もしもそんなことがあったとするならば、私はいったい何をしに台湾に来たのか。

 バスの中は緑色と不連続に反射する赤色の光ばかりで、きっと出口の見えないトンネルを進んでいるような、そんな闇が幾度も胸の内側で想起され、私はいっそう暗く閉ざされた気持ちになった。

 途中でタバコをくわえたオジサンが乗った。オジサンは運転席の前に立ち尽くしたきり、そのままの姿勢でバスに揺られて続けていた。同じくゆらゆら揺れながら、意識の抜けた頭で私はその様子をただぼんやりと眺めていた。しばらくして、オジサンはふらふらした足取りで博愛席に座った。タバコからは煙は出ていなかった。

 バスを降りて新竹城隍廟に戻った。22時近くの屋台は夕方のときと打って変わって人の数はずいぶんと減り、店じまいを終えた屋台もいくつかあった。

 飛行機の便が朝早くて疲れてしまったのか、それともあまり芳しくない体調の問題からか、台湾に来た最初の晩であったものの、腹は減らなかった。

 それでも、まったく食べないというわけにもいかないので、少しの晩飯を買ってホテルの部屋で食べられるだけ食べておくことにした。晩飯というより夜食にちかいものだった。

 小さな紙カップのビーフンの手さげ袋を持って「この夜を越えさえすれば、この夜さえ過ぎてしまえば、明日になったら、」と頭の中で繰り返しながら、街灯がまばらに照らす遅い夜の道を帰りの方角に向かって歩いた。

***新竹南寮漁港から城隍廟へ***


南寮バス

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR