台湾ちんほうちゃ日記

~ガイドブックにない無目的が目的の究極のひまつぶし~

おあちぇん名人

 2012年7月12日 花蓮

 夜の街を散歩していたらひょいと人だかりがあったので覗いてみると、鉄板の上で牡蠣が飛び跳ねて溶け出す汁の中でじゅうじゅうといって蒸気をあげていた。青菜が落とされると幾通りもの色がヘラの動きにあわせて上になったり下になったりしながらさらにじゅうといって蒸気をあげた。

 店の外ではおばあちゃんがヘラを両手に光らせて、仕上げに向かって俊敏な筋肉を上下に左右に器用に動かしていた。もはや身体の一部のようになった巧みなヘラさばきは、長きに渡り繰り返された技術の集約であり、自由自在に舞う様はもはや芸術の境地にまで届かんとしていた。

 ヘラの先から微妙な熱を鋭敏に捕らえる様子は、精密な機械に予め組み込まれた計算式のように、十人前もの料理の焼きの加減を正確に把握しながら、刹那の中に繊細な調整を繰り返していた。

 感を頼りに矢継ぎ早に等分されてひっくり返される生地は、それぞれの面の鉄板に接触する微々たる時間の違いから個々の焼きの進度の差に懸念を起こさせたが、次々と皿に盛られる完成品にはわずかな違いをもその色に見いだすことができなかった。 

 白い皿の上に最後の一枚が片づけられると、使い古された鉄板の表面には細やかな光沢が現れて、油が塗り込まれたあとをよく拭き取るように銀のヘラが生地の破片を円の外に落とした。

 再び小ぶりの牡蠣が鉄板の上に落ちると横から鶏の卵がからみだし、溶けた粉汁がお玉の中から垂れ込んでじゅうじゅうといって振り出しに戻った。

 自分に配当されるべき一枚を円の中に予感しながらゆっくりと列の先頭に近づいていくと、今まで遠くから傍観していたヘラの躍動感が現実となって迫る眼前に繰り広げられた。

 相席のテーブルに一人腰掛けると、間もなくしてほくほくと皿の上で湯気を出している小料理が運ばれた。

 私はついにオアチェンと対峙する機会を得たのである。

 牡蠣入りオムレツのことをオアチェンと呼ぶ。台湾ではどこでも食べられている屋台の伝統的な料理である。牡蠣と、溶いた片栗粉サツマイモ粉の生地の他に、たっぷりの青菜で構成されている。程良い分量はおやつとしても小腹が空いた時の夜食としても重宝されている。

 向かいのテーブルの皿には自分と同じオアチェンがあった。隣のテーブルの皿にもオアチェンがあった。どこのテーブルの皿にもオアチェンがあった。目の前のカップルはオアチェンの顔をしている。隣のおじいさんもオアチェンの顔をしている。学生も、大人も、子供も、みんなオアチェンの顔をしている。自分もきっとオアチェンの顔をしていた。

 台湾の日常の風景の一つになれたことがなんだかとても嬉しいことのように思えた。


おあちぇん名人



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

  1. 花蓮
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<日常の分岐点 | ホーム | 風吹く港>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chinhoucha.net/tb.php/12-c7df849c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィールです。

みのりおん

Author:みのりおん
台湾はちんほうちゃな食べ物であふれている。でもそこで出会ったのは、食べ物ばかりでなく、美しいシゼン、よく眠るイヌ、そしてとても優しいヒトビトだった。そのどれもが、明るくて、のんきで、楽しくて。そんな「ちんほうちゃ」な出来事を、とりためた写真の隅っこから、いつもニヤニヤしながら切り取っているんです。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味です。
※本ブログの登場人物は基本的にすべて仮名を使用させていただいております。

いろんな場所にいきました。

台北 (10)
基隆 (2)
新北 (4)
新竹 (14)
苗栗 (3)
台中 (11)
彰化 (4)
鹿港 (2)
南投 (5)
日月潭 (3)
嘉義 (4)
台南 (10)
高雄 (11)
屏東 (4)
墾丁 (4)
小琉球 (2)
宜蘭 (10)
花蓮 (10)
太魯閣 (2)
台東 (11)
台湾日記 (1)

ぶろぐ村です。

facebookもやっています。

Twitterはじめました。

メッセージはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR