台湾ちんほうちゃ日記

~ガイドブックにない無目的が目的の究極のひまつぶし~

ゆるい空、ながれるもの

 南投集集線新北平渓線ときて、今日は新竹内湾線にのって内湾にきている。これらの路線はなんでも台湾三大ローカル線といわれているだけあって、車窓の風景や駅舎のたたずまいや列車の待ち時間といったそんないろいろなものが、ゆったりとした空気につつまれているようだった。

 そのどれもに共通していえるのが、暑い、ということだった。なにせ僕は7月や8月といったいちばん暑い時期に集中して台湾にきているので、そうなると単なる自分勝手であるから、結局のところ暑いなんて文句はいえないのであった。

 空はうすい雲がかかっているものの、そのうすくなったところから、真上の太陽がここぞとばかりに焼けくそ熱線を照射してきている。おまけに皮膚にまとわりつくような粘着湿度が上下左右にただよっているので、風が吹いても暑い。

 汗まみれの自分とは対照に、ブンちゃんとハイさんはいつもとかわらない顔で、汗をふきとるような気配は一向にない。やはり日本人に比べると、台湾人はそれほど汗をかかないようだ。
 
 あぢいあぢいと、暑さからくる無気力無抵抗なヘロヘロ液を脳髄に大量分泌しながら、にぎやかな老街を離れて、内湾吊橋を歩いた。橋の下をのぞくとたいして深くない川がながれ、ズボンをめくった子供たちがバシャバシャと水遊びをしている姿がみえた。

 橋のたもとの茂みをぬけると山の斜面に沿うように民家や民家兼珈琲屋といった建物がぽつぽつ建っていた。

 「さくらぎはなみち!」

 ブンちゃんがみる方向には「櫻木花道」と、それから「内湾珈琲」とかいた看板がつきででいた。

 「スラムダンクですよ。知ってますね?」

 そういえばそれはたしか昔はやった漫画じゃあないか。しかし僕はじっさいに読んだことはなかった。

 「それはおもしろいのかい?」

 「台湾人は皆知ってますよ。日本人のあなたが知らないのはおかしいでしょう」

 ブンちゃんは少し困ったふうに笑った。

 なるほど、これは、日本に帰ったら要チェックや。

 僕らはもうひとつあった吊橋でない大きい橋を歩いて、内湾老街にもどった。喉がかわいていたので、僕は駅ちかくの緑色の檸檬が並んだジューススタンドで愛玉という黄色いゼリー飲料を買って飲んだ。

 愛玉は身体の熱を冷ます効果があると聞いたことがあった。甘酸っぱい冷たい液が喉をながれて、一旦みぞおちの内側あたりで徐々に吸収されていく感触を頭の中で実感していると、どうやらそれは本当のことであるような気がした。

 帰りの復路の列車がけたたましい警笛とともにホームにはいったので、僕らは人びとの群れに混じって、せまい改札をぬけた。

***内湾老街の内湾吊橋から***


内湾吊橋2



ブログランキング・にほんブログ村へ

台湾ちんほうちゃ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

  1. 新竹
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ふたつめの均衡 | ホーム | 過ぎし日、映えれば>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chinhoucha.net/tb.php/123-10f21617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィールです。

みのりおん

Author:みのりおん
台湾はちんほうちゃな食べ物であふれている。でもそこで出会ったのは、食べ物ばかりでなく、美しいシゼン、よく眠るイヌ、そしてとても優しいヒトビトだった。そのどれもが、明るくて、のんきで、楽しくて。そんな「ちんほうちゃ」な出来事を、とりためた写真の隅っこから、いつもニヤニヤしながら切り取っているんです。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味です。
※本ブログの登場人物は基本的にすべて仮名を使用させていただいております。

いろんな場所にいきました。

台北 (10)
基隆 (2)
新北 (4)
新竹 (14)
苗栗 (3)
台中 (14)
彰化 (4)
鹿港 (2)
南投 (5)
日月潭 (3)
嘉義 (4)
台南 (10)
高雄 (11)
屏東 (4)
墾丁 (4)
小琉球 (2)
宜蘭 (10)
花蓮 (10)
太魯閣 (2)
台東 (11)
台湾日記 (1)

ぶろぐ村です。

facebookもやっています。

Twitterはじめました。

メッセージはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR