台湾ちんほうちゃ日記

~ガイドブックにない無目的が目的の究極のひまつぶし~

際限なき台中の証明

 「わたしも高美湿地に行きますから」

 その日の朝、ブンちゃんはこれから独り旅になる僕のために書きのこした「誰でもわかる高美湿地への行き方」的なメモ用紙を片手にだしぬけにそんなことを言いだした。

 「僕は独りでも平気なんだもんね。こわくないんだもんね。いいんだもんね」

 そうやって、けなげに自分をなぐさめつつ謙虚に生きてきたこの数日間のいちずでひたむきな想いは、ブンちゃんのたったひと声で、地上をはなれ、大気圏をこえ、はるか1万光年かなたへ飛んでしまった。

 高美湿地台中がひとつの中継地点になるのでまずは台中駅を目指すことになる。僕らは自強号という台鉄特急列車の発車時刻に合わせ、タクシーをつかまえ、最寄りの新竹駅に向かったのであった。

 日曜日の駅構内は観光歓楽レジャー的きらびやかな人びとの群れが、おし合いへし合いをくりひろげ、わけもなくただ慌ただしくひしめき合っていた。

 窓口の切符を買う順番がまわってきて、ブンちゃんは自強号のチケット2枚分を注文した。こんなときやっぱり台湾友だちがいると独りでいるときより心に余裕ができるようで、売店にならんだ駅弁が、いつも排骨飯くらいしか買ったことがなかったのに、その他にもさまざまな種類に彩られていることに気がついた。

 しかしそんな気分もつかの間、ブンちゃんは困ったような顔をして窓口からかえってきた。自強号莒光号も、台中に近づくすべての列車の座席がことごとく売り切れてしまったんだという。

 つい数日前に高美湿地にいくことを固く決意し、そいつを励みに今日まで必死に生きてきた。そんな夢や希望は、はかなくも崩れ去ってしまったのである。

 ところがブンちゃんは、さっき乗ってきたタクシーのなかで「新竹から台中に定額でいけるんだろうか。料金は高くならないだろうか。車でいくと遠いだろうか」といった数々の世知辛い問題を、僕の知らないところでひそかに調査し検討していて、したたかにもタクシー会社の名刺を頂戴していたことが判明した。やはり台湾友だちといると背後でとてつもない力がぬかりなく作用しているようで、自分のなかですでに崩壊に向かっていた駅の混乱は消失し、ブンちゃんが携帯でチャーターしたタクシーを、休日のあかるい空の下で待っていた。

 新竹から台中まで、タクシーで1,400元だった。1,400元といったら、日本円でだいたい5,000円くらいだから、東京あたりで酔っぱらって終電を逃したときの深夜タクシー料金とほとんど同額だ。二人で割り勘すればこの値段は意外と効率的で、そのうえ所要時間が1時間と少しかかる程度というから、特急列車でいくよりも素敵にはやい。

 タクシーは高速をとばし、いくつもあった台中行き表示板を通り越して、たちまちのうちに、雑多と混沌の超巨大都市、台中の領域に侵入していった。

 タクシーの運ちゃんに、台中駅まで、とあらかじめと伝えてあるので、あとはもうただ駅が向こうからやって来るのを待つだけだった。

 切れ目なく林立するビルの谷間をぬけきり、はたして、停車したタクシーの眼前に現れたのは、見たこともなければ聞いたこともない近代的で前衛的な巨大建造物だった。

 「おう、ちょっと待ってくれよ、運ちゃん。これは台中駅とはちがうぞ。ぜったいにちがうって。おいちょっと、ちがうったらちがうんだってば。僕はこうみえて台中には何度も来ている台中通なんだかんな!」

 力の限り抵抗と否定を繰りひろげつつも、しかしそれは、今まで見てきた台中駅とはスガタカタチのまったく異なる、正真正銘の台中駅なのであった。

***2017年7月 台鉄台中駅にて***

三年ぶりの台中1

三年ぶりの台中2



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

  1. 台中
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ルート306の挑戦 | ホーム | もう敗けないというのなら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chinhoucha.net/tb.php/127-81e251d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィールです。

みのりおん

Author:みのりおん
台湾はちんほうちゃな食べ物であふれている。でもそこで出会ったのは、食べ物ばかりでなく、美しいシゼン、よく眠るイヌ、そしてとても優しいヒトビトだった。そのどれもが、明るくて、のんきで、楽しくて。そんな「ちんほうちゃ」な出来事を、とりためた写真の隅っこから、いつもニヤニヤしながら切り取っているんです。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味です。
※本ブログの登場人物は基本的にすべて仮名を使用させていただいております。

いろんな場所にいきました。

台北 (10)
基隆 (2)
新北 (4)
新竹 (14)
苗栗 (3)
台中 (11)
彰化 (4)
鹿港 (2)
南投 (5)
日月潭 (3)
嘉義 (4)
台南 (10)
高雄 (11)
屏東 (4)
墾丁 (4)
小琉球 (2)
宜蘭 (10)
花蓮 (10)
太魯閣 (2)
台東 (11)
台湾日記 (1)

ぶろぐ村です。

facebookもやっています。

Twitterはじめました。

メッセージはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR