風車はゴンゴンまわってた

 日陰のやけにみじかくなった停留所で、アスファルトのてらてらとした照り返しに頭をシロクロさせながら、無限につづく巨大な待ち時間と、ただやみくもに通り過ぎていく車の数々を、なんの関連もなく眺めていた。

 今までどんだけ無計画で無頓着だったんだろう。しかしまあよくもここまでやってこれたもんだな、とわがバカさ加減に改めて感心するとともに、のらりくらりと、なんとなく乗りきってきた無邪気な時代の思い出が、まるで走馬灯のように駆けめぐっていく、というような図を、やはり空っぽの頭のなかで無意味に思い浮かべてみたりしていた。

 「ブンちゃん、すまなかった。僕の負けだよ」振り返ってみるものの、ブンちゃんはまだ諦めきれていないのか、停留所にかかった時刻表とスマートフォンの画面とを交互ににらみあって、なんとかこの危機を切り抜けようと孤軍奮闘しているふうだった。

 「もういいんだ。ちゃんと調べてこなかった僕がわるいんだ。時間を無駄にしてしまったね。プーハオイースーだ。帰りのバスが来たら台中に戻ってビールでも飲もう。そうすればきっと今日のことは忘れられるよ」

 そのとき、ふと、なんの前触れもなく妙な胸さわぎが起こったんだ。見上げると、こっち側の道路のずっと向こうの方から、ふいに一台のバスが、まぎれもないバスが、黄色い粉塵をまきちらして猛スピードで走ってくるのが見えた。

 「お!?あれはなんだ?」

 陽光の白い反射にその輪郭を弱めながらも、フロントの電光掲示板に、あきらかに高美湿地とかかれたネオンが赤々とゆれていた。

 「おいおい、ブンちゃん!あれはなんだ?通り過ぎていくぞ!」そう叫ぶか叫ばないかのうちに、ブンちゃんは両手をブンブンおおきく振りまわして道路にとびだしていった。

 バスは停留所から10数メートルほど過ぎたあたりで停まったようだった。どうして今バスが来るのか。なんで高美湿地に行くのか。いろんな疑惑がひっきりなしに脳内を駆けまわったけれど、そんな理由なんてこの際もうどうでもよかったんだ。パタンとひらいた扉のステップを、僕らはとにかくいっきに駆けのぼっていた。

 バスのなかは僕たち以外に乗客はなかった。すこし道を進んだところで、小学生たちがいく人か乗り込んできた。あとでわかったんだけど、実はこのバス、正規運行のバスではなくて、小学生を送るためになにやら特別な手続きを経てほぼ臨時的に走っていたそうである。そのバスがたまたま僕らの目の前を通り過ぎた、という寸法だ。

 今までの空白を取り戻すかのように、バスはぐんぐん走った。やがて車窓の建物たちはきえ、田園がひろがりはじめた。車内は底抜けにあかるい台湾のポップソングが大音量でながれていた。

 高美湿地の駐車場に降りると、絵の具のように青い空が広がり、すこし離れたところで白い風車がゴンゴンと音をたててまわっていた。

***いまから、高美湿地へ***

風車はゴンゴンないていた1

風車はゴンゴンないていた2


ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR