道は高美湿地に通じて

 高美湿地遊客中心のバスターミナルに着いて、手当たり次第に停留所の時刻表をスマートフォンのカメラに収めていた。今度ばかりはバスを逃すわけにはいかない。

 停留所のあるところから道づたいに歩いていくと上下左右にまがりくねったフシギなカタチをした橋がかかっていた。橋をわたりおえると幅のひろい歩道が視界の先へいっきに突き抜けた。

 右手は見渡すかぎりの海がひろがり、左手は白い巨大な風車が一本一本ずっと遠くにまで立ち並んでいた。

 海からやってくるのか、風車がとばしてくるのか、立っている横顔に、風がぼうぼうと音をたててひっきりなしに吹きつけてくる。それでも、陽射しはまだまだ燃える光線をそのままの勢いで照らしつけて、観光で来ていた人びとは斜めにのびた風車の影にその身を重なるように、いじらしくもしたたかにその場をやり過ごしていた。

 夕暮れになるかならないかの時のさなか、ひとつの方角に向かって、歩いている人の一団に気がついた。いったいどこに行くんだろう。

 人びとのながれにつづいて、ほとんど一本になっていた道を歩いた。おもしろいくらいに、みんな同じところを目指しているふうだった。

 さいしょは白っぽかった逆光も、歩きすすむにつれてだんだん真横からさす黄色い光にかわっていった。心なしか、それまで青かった空は雲がふえはじめ、空はどことなく狭くなったような気がした。

 人びとが歩いていくのは、土手状に盛り上がった長い堤だった。堤をへだてた海のある方面は、こともあろうか、水たまりがところどころに点在しているだけの、周辺のほとんどが草地によって占められた地面だった。そのずっとずっと先になってやっとはじめて、海が、おそらくは浅い海がひろがっていた。

 海の反対側は道路になっていた。今日が縁日であるかように、そこには屋台がびっしりと並び、たくさんの食べ物からケムリが立ちのぼっていた。人の密度はいっきにふくれあがって、にわかににぎやかな様相を呈した。

 前を歩いていた人びとの群れは、隊列をたもったまま海上にのびる桟橋に向かっていた。その先、ずっと遠くの、桟橋が尽きているところに、海面にまざってゴマ粒のような黒い点がちいさく動いているのが見えた。

 あたたかい時間だった。それでも、時間は刻々と、しかし確実に過ぎていった。陽は落ちはじめている。

 空はいつの間にか雲のカーテンが幾層にも積み重なっていて、そして、雷の音が、遠くの雲のあいだから、かすかにふるえているのが聞こえていた。

***高美湿地に陽が落ちる***


高美湿地



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR