もうひとつの終止符

 ブンちゃんと別れてひとりになった僕は予約しておいた新しいほうの台中駅にちかい雙星大飯店というホテルにチェックインを済ませて部屋にはいった。

 最初うす暗くて古い建物だと思っていたけれど、備え付けの家具や小物など、こまかなところにも手入れがなされている雰囲気があって、いくぶん気分がよかった。

 土地勘がなかったので、受付のお姉さんに近くに食べるところはないか聞いてみたところ、エントランスを出て右手にすすんで交差点のあたりにまでいけばこの時間でも食べるところがあります、ときれいな日本語がかえってきた。

 それなりに大通りで大型のショッピングモールが建っているところだった。それでも、午後の10時を過ぎていたこともあり、店に入ってまで食べたいと思う気持ちにはなれなかった。
 
 通りぞいに、鶏楽炸鶏連鎖専売店という揚げ物屋がまだ緑色のネオンをつけていたので、テイクアウトにしてホテルの部屋で食べることにした。

 好物の鶏のから揚げにピーマン、あとはフライドポテトなどをえらんだ。店の隣りにセブンイレブンがあったので、ついでに500mlの台湾カンビールを買ってホテルにもどった。

 部屋に入ると同時に両脚にドスンとしずむような重みがあった。たまってた疲れが一気にでたようだ。今から5年前。ホテルからタクシーをとばして逢甲夜市でのべつまくなし食いまくっていた時代はもう遠い昔になってしまったか、と思ったら、すこしかなしくなった。
 
 テレビのリモコンを新聞台のチャンネルに合わせる。ニュースが永遠と繰り返される番組でその日の台湾の出来事がたいていわかるようになっている。

 女性キャスターの早口でかん高い声をBGM代わりにビールをあおる。やはり疲れていたためか、体はすぐにほてってきた。

 ところでブンちゃんは無事に自強号に乗れたのだろうか。別れの挨拶もそこそこだったので「こっちは今メシ食いながらビールで一杯やってます。そちらは駅弁とビールでおそらく素敵な旅情気分を楽しんでいることでしょう」とメッセージを送ってみた。

 メッセージはすぐに返ってきて「満席で席がとれなかったので仕方なく立って帰っています。でも心配しないでください」とかいてあった。

 無座といういわゆる席なし乗車券である。台中から台北までの2時間あまりの道のりを、ブンちゃんは飲みも食いもせずに、ただひたすら立ちっぱなしの状態で帰っていたのだ。しかも最終便という過酷な状況で。

 それを知って、胸が痛かった。それから、急速に息が苦しみだした。そして、酔いのまわりだした体の内側からから抑えきれない衝動が続けざまに胸をたたいた。それまで静かだった咳がふたたび猛威を振るいはじめたのだ。

 にわかに腹も張りだして、食べ途中だった揚げ物も、まだかなりの量が残っているように思えた。紙袋の底のほうは油の汗でしっとり冷たくなっていた。

 今回の台湾旅行でたった一日だけの滞在となった台中の夜は、断続的にときには猛烈におそいかかる陰気でしぶとい咳の闇にまみれて、その終焉をさみしく迎えていた。

***台中さいごの夜に***

台中の夜1

台中の夜2


ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR