涼山瀑布、そのざわめき

 つぎに車を降りたのは瑪家遊客中心という観光案内所に隣接する駐車場だった。僕らの他にも何台か車が停まっていたことから、どうやらこちらは休業ではないようだ。

 案内所は、どこか民家を模した造りになっていて、ところどころに原住民族の文化を思わせる色とりどりの装飾がしてあった。

 リブヲが案内所のお兄さんに何かを聞いている横で、僕は、カウンターに並んだパンフレットを無作為に取ったり戻したりして眺めていた。パンフレットには屏東瑪家といった文字が印字されてあって、今いる場所が屏東県瑪家郷であることがわかった。

 「これから1キロ。山道を歩く。いいか」

 扉を出るとき、リブヲはくるりと振り向きなんとなく不安そうな顔をして言った。

 「おい、本気か?こんな暑い日にそんな山道なんか歩かなくったっていいだろ。それにしても、その先にいったい何があるっていうんだい」

 僕はちょっと嫌だなあと思いつつも、しかしリブヲのことだから何かおもしろいことでも企んでいるのかもしれないと思って聞き返した。

 「滝がある」

 暑い日に山道を歩くのはそれなりの体力と汗まみれになる覚悟が必要だ。しかし、着いた先で滝の水にあたることができれば、それはそれで涼しくて気分がいいんじゃないかと考えた。

 「なるほど。そうだな。せっかくここまで来たんだから。いこうか」

 山道とはいっても、ところどころに木の歩道が整備されていて、けっして足場が悪いというわけではない。それでも、階段と登り坂をいつ果てるともなく繰り返していればいつかはへたばってくるものだ。

 リブヲは山歩きとはほど遠いいかにも休日用サンダルをひっかけて、先へ先へとどんどん歩いていった。その後ろ姿は、故郷にもどり、これから本来の台湾人に着々とかえっていこうとする意思の表れに重なって見えた。

 僕は途中で何度か立ち止まっては写真を撮りつつ歩いていたが、そのうちに、写真を撮るのは言い訳で、じつは休憩をするために立ち止まることが多くなっていた。

 眼下には山の斜面につづく水のながれがあった。ときおり、せき止められたように水がゆるやかな場所があり、水遊びをする子供たちの姿があった。透明な水は、何よりも冷たそうに見えた。

 そんな風景を幾度か通り過ぎていると、ふいに歩道が途切れ、かわりにゴツゴツしたむき出しの岩が現れた。岩と岩とのあいだは、水があふれざわめきたっている。

 最初に作ったままその後ほとんど手入れをしていないようなゴム製のかたいロープが岩壁の先に向けて打ち付けてあった。僕はカメラをカバンにしまい、カバンを体に固定した。そして、自由になった両手でロープをつかむと、水に落ちないようにゆっくり岩場を登っていった。

 岩場を越えるとザーという間断のない音のなかに、小さな滝があった。こまかい水のかけらが露出した腕と顔に何度もとんできた。

 僕らはちょうどいい感じの石を見つけて、お互いすこし離れて座った。さっきまで地表からこみ上げていた熱も、ここでは休止していた。滝の音の隙間から鳥の声が聞こえた。

 それから、リブヲに教えてもらった涼山瀑布という滝の名前と写真を、僕らが同時にいた証としてSNSに記録した。

***屏東県瑪家郷の涼山滝***

涼山瀑布2


ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR