ときどき静かに漂流する

 「ここから、高雄な。おい」

 ひだりの運転席からリブヲの声がしているのに気がついた。

 「あ、う~。なんだよもうかよ。まだ早いじゃないかよ」

 ちょうどうとうとしかけていたところだったので、どことなくやる気なさそうな言葉がふいに口をついた。

 台湾の南部には玉山から台湾海峡にかけて高屏渓という大きな河がながれ、河に架かる高屏大橋屏東県高雄市をむすぶひとつの境界になっている。

 リブヲの話によると、このままあと30分も走っていれば高雄市の中心部までたどり着くということだった。

 橋の下の底の浅そうな河には、途切れたりかたまりになったり、かさかさした灰色の中州がはてしなく横たわっているのが見えた。

 特に行きたい場所があるわけでもなく、かといってホテルに帰るにはまだ早すぎたし、晩飯までにかなりの時間があったので、僕らは、なんとなく通りかかった大東文化藝術中心で車を降りることにした。

 敷地内は自由に歩くことができた。案内板には演芸場、展覧棟、芸術図書館などがあり、そういった文化的な施設を複合的に集約したような場所みたいだったけど、月曜日の今日は閉館日にあたるためそのどれもが閉まっていた。

 噴水のまわりは、まだ小学校に上がる前の子供たちが裸足で走りまわっていた。そのすぐ頭上には、気球を模した造形があり、僕らはちかくのベンチに腰を下ろして、屏東で買って飲みかけのもう氷が溶けてぬるくなったお茶で休息した。

 「月曜日は、休みが多いんだな」

 「そだ。みんな仕事する。だから月曜は休みだ」

 そうか今日は休みであったのか。僕は会社の休暇をつかってはときどきこうして台湾を歩いている。だから台湾にいて仕事と曜日の感覚を意識することはほとんどなくなっていた。
 
 ふいに、心の奥のほうで欠落のそれに似た空洞のような寂しさがぽっかりと口を開いているのを感じた。ふと、自分はいったい何をしているんだろう、と思った。それから、今自分は人生のどの位置にいるんだろう、と思った。

 これまでいったい何をしてきたんだろうか。これからいつまで続けていくつもりなんだろうか。その先にはいったい何が待っているというのだろうか。自分が望んでいたことだったのだろうか。このまま後悔はしないのだろうか。

 だろうか、だろうか、ときて、もういったいなんなんだろうか。そうした思考が縦にも横にも混ざりあって、とりとめのない不安な気持ちが胸のなかで奇妙にふわふわとゆれ動いている心持がした。

 それから、そろそろ人生の折り返し地点に来ているのかもしれないな、と思った。

 四十にして惑わず、と言う。自分は二十ぐらいのときからすでに惑っていた気がする。三十のときも同じように惑っていた。そして四十をこえた今でも惑い続けている。これからもきっとそうなるだろう。五十になったとき、自分は天命を知っているとは思えない。

 右往左往する思考をかかえたまま、ベンチに座る母親のまわりをキャーキャーと無邪気にかけまわっている子供たちを遠くに眺めて、僕はリブヲとともに車のある駐車場へかえっていった。

***高雄の大東文化藝術中心で***

大東文化藝術中心




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25
おでん屋のマナー 2018/03/18
金魚れもん 2018/03/11
排骨と飯と午後の予感 2018/03/04
アタマのコンクリとけだした 2018/02/25
風の方向に帰ります 2018/02/18

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR