山の上の高い空

 西子湾駅の交差点をとおりすぎて、壽山のうす暗い山道を、タイワンイヌをかわしながらうねうね駆け上っていくと、ふいに木立がひらけ、外灯の明かりが照りつける車だまりにでた。

 すでに停まっていたバイクとバイクの間に、自分たちの乗ってきたバイクを押しこんでから、リブヲと僕は石段を登った。

 登りきると、そこにはちょっとした展望台があって、テレビドラマか何かにでてきそうな洒落た電飾のまわりには、何組かのカップルたちが、スマートフォンで自撮りや他撮りなどをして、涼しい夜をすごしている姿が目に入った。

 「なんてこった。デートスポットじゃないかよ、おい。まったくなんてこったあ」

 僕がはじめて高雄忠烈祠に来たのはもう6年も前のことになる。まあ、それ以後もこうして何度か来ていていたわけだけど、リブヲと来るのは今日がはじめてだったので、なんとなくそんな言葉が口からでた。

 「そういえば最初に来たときはLove景點なんてもんあったかなあ。でも2年前に来たときはあったかもしれないな。いやそのときは確かにあったぞ。やはりこれも最近の変化というやつなんだろうか」などと、ひとり思い出しては意味もなく納得していた。

 「むかし高雄神社があった。いまは壊された。もうないな」

 展望台の木の階段を上りきったところで、リブヲは腹の底から力をこめるようなひくい声で言った。

 「仕方ねえよ。でも、そういうのは別にここだけの話じゃないだろ。台北だって、花蓮だって。どこだって時代は入れ替わっていくもんだ。それよりもこんなところにいい年した男が2人で来るなんてよう。でもこれはこれで、もしかしたらロマンチックなんじゃあないのかおい。本当はまんざらでもないんだろう。ヒヒヒヒヒっ」

 本気と受け取ったか冗談と受け流したかわからなかったが、リブヲは、ぼんやりとしかし力強く点灯する高雄の街のかがやきを、だまって見ていた。

 そういえばリブヲは来月から高雄に帰ってしまうんだな。ふとそんなことを思って、なんだかすこし寂しいような気持ちになった。ふもとから吹いて来るのか、ふもとへ吹いて行くのか、闇の光のなかで風がよく通りぬけた。

 高雄忠烈祠は当時の建物こそなくなってしまったものの、リブヲの言うとおり、そのむかし高雄神社だったというだけあって、石灯籠や狛犬がいくつか残っていた。ここに来る途中で見た門も、色や形は変わってしまったものの、基本的な鳥居の型をまだその枠組みの中に留めているようだった。

 「メシ食うか?」

 僕らにとって、これ以上の長居は不要だと思ったのか、それとも僕の腹の減り具合をするどく見抜いたのか、リブヲは階段を下りはじめ、僕はその後につづいた。

***高雄忠烈祠-Love景點***

高雄忠烈祠-1

高雄忠烈祠-2


ブログランキング・にほんブログ村へ

台湾ちんほうちゃ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25
おでん屋のマナー 2018/03/18
金魚れもん 2018/03/11
排骨と飯と午後の予感 2018/03/04
アタマのコンクリとけだした 2018/02/25
風の方向に帰ります 2018/02/18

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR