風景区の止みきれないさびしさ

 新店駅鮮風味湯品屋でおそい昼メシを食って外に出たところで土砂降りの雨になった。バックパックからその場しのぎの折り畳み傘をひっぱりだしてみるも、役にはたたず、ひざ下のあたりからどんどん雨の侵食がはじまり、このままではどうも持ちそうにない。

 ちかくに喫茶店があったので茶でも飲みながら雨が止むのを待つことにした。

 うすい砂糖のはいった冷たい凍頂烏龍茶をひとくち飲んでから、カメラのWiFiを起動し、スマートフォンを接続した。

 SNSに写真を投稿するためにやっていることで、こうして、カメラで撮った写真を、WiFiを経由して、スマートフォンに転送する、といった一連の作業が、この数年の間にすっかり定着してしまった。

 スマートフォンにおさまった写真を見ていて、まったく、今日も、いつものように、日本語を話す台湾人に助けられてしまったんだな、とさっきのメシ屋での出来事を思った。いったい、いつでも、どこまでも、なんとでもなってしまうんだよな、と不思議にあまい台湾茶を飲みながら、しみじみ思った。

 時刻はまだ午後の2時をまわったばかりだった。今夜のホテルは台北ではなく台中に予約をしていたが、今から台中に行ってとくに何をするわけでもなかったので、こうして台北をぶらついている。荷物といえば背中のバックパックくらいなもので、その点も、ぶらつくのには都合がよかった。

 Google Mapで現在地を確かめて、ちかくに新店渓という川があることが分かった。

 雨あしも弱まりだしていたので、バックパックを背負って、店を出た。店の裏が土手になって、土手の向こうが川になっているようだ。BITAN、それから碧潭とおおきく書かれた入口へとつづく階段を上っていった。

 左右にやや広めの歩道が横断し、そのまっすぐ先に、予想したとおり新店渓がおおくの水を運んでいた。下りの階段には、高速道路の橋梁が巨大な影をおとしていた。

 犬と散歩する人、鳩に餌をやる人、釣りをする人たちがいた。ときどき、自転車がゆっくり歩道を走っていった。

 すこし離れたところに、つり橋がかかっているのが見えた。ふたたびGoogle Mapをひらいて、碧潭吊橋であることを知った。それから、このあたりは碧潭風景區ということも分かった。

 つり橋まで歩こうと決めたところで、しばらく小雨だった雨が本降りになった。仕方がないので、橋梁の下にもぐった。どこかに腰を下ろそうかと、コンクリートブロックに近づいていったら、それを拒むかのように、おびただしい数と量の鳥の糞が落ちていた。

 もし晴れた日に来たら、もし青い空であったのなら、きっと夕暮れが綺麗なところだったんだろうな、と思った。そして、それが独りではなかったのなら、と。

 止みきれない雨を後にして、シャツに短パンに背中のバックパックに、いくつもの雨模様をつくりながら、目的を台中に向けて、MRTの新店駅へ戻った。

***雨降り止まずの碧潭風景區で***

碧潭



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR