夏のはじまり

 2012年6月22日 墾丁

 車の窓にはが続いている。その反対側にはが広がった。青い海だった。

 その日は墾丁に連れて行くと、友人が車を出してくれた。墾丁といえば、台湾で有数のリゾート地だと聞いていたので、私は朝から楽しみだった。高雄から墾丁まで二時間あまりのドライブだ。

 高速の途中で、このあたりの名産という小ぶりのバナナをいただいた。手のひらにすっぽりと収まる大きさの、日本では見たことのない形状からは、小さいながらもバナナの芳醇な香りを発していた。皮をむくと、濃く甘い香りが、車内に香水のように広がった。しっとりした酸味の中で、密度の高い糖分が、味の角をやわらかくしていた。

 台風が過ぎたばかりの海は、岸の近くで、茶色い水を作っていた。茶色の潮水は、岸に近づいたり離れたりして、波にあわせて、どんよりと浮かんでいた。

 ごつごつした岩が、次第に、黄色砂浜に変わっていった。写真の中の南国の風景が、そのまま切り取られたように、目の前に展開された。すっかり眠気が覚めた私は、ピポピポピポと、音が消せないスマートフォンで、続けざまに写真を撮った。その様子があまりにもこっけいだったのか、前の席から友人の笑う声が聞こえた。ピントがずれていたのか、撮った写真は、ぼやけているものばかりだった。

 砂浜は月のように半円を描いていた。黄色くて白い砂だった。海は遠くまで青く広がっている。近くに数台分の駐車場があった。空いた一つに車を入れた。はしゃぐ気持ちを抑えながら、隣の車にぶつけないように、ゆっくりとドアを開けた。途端に眼鏡が曇り、全身は夏の蒸気に包まれた。

 砂浜にはのビーチパラソルが、所狭しに開いていて、水着の男女が夏の空を全身に浴びている。カラフルな色々が、これから隆起する本格な夏の訪れを予感していた。

 今ではすっかり影をひそめてしまった好奇心だったが、久しぶりに見る砂浜に、いつか見た夏の思い出が、波が押し寄せているあたりまで、無意識のうちに私を近づけていった。

 シューズを脱ぎ、靴下をポケットに押し込むと、太陽の光をまんべんなく吸い込んだ砂の上に裸足をおいた。溜め込まれた熱が、足の裏の全体に広がって、日ごろの革靴で陰気になった足を、浄化してくれるような爽快な気持ちになった。足の裏で、砂をずりずりこすりながら、寄せた波に足をつけた。潮水がしみわたる。そのまま波が引いていく。ぼろぼろと砂が崩れていく感触が、足の裏に心地よく残った。

 ッザアーと砂と潮水を巻き込みながら、次に待ち構えているが、戻ってきた波を全身に飲み込んでいる。この位置にいれば大丈夫だろうと、私は同じ場所で天然の足裏マッサージを楽しみながら、浜辺でボール遊びをしている子供たちをぼんやりと眺めていた。高く上がったボールは、太陽の光を反射して、ゆっくりと砂浜に落ちた。

 いていた水の音が、し出す音に変わったころ、ドーンという音がして、私のズボンは、たちまちに、膝のあたりまでびしょ濡れになった。カーキ色のズボンには、新しい色が作られて、膝から下は濃い茶色のような色になった。波は膝の上まで駆け上がってきていた。

 ズボンを膝の上までたくしあげて、岸に向かってとぼとぼと歩いた。膝のあたりが妙に冷たくて、その部分だけ重たく感じた。友人は笑っていた。はしゃぎすぎた自分がなんだか大人げなく思えた。

 車に戻り、足の砂を払った。ズボンに染みた潮水は、次第に広がっていて、今では下着の近くまで侵食している。シートに座ると、足に残っていた白い砂が、黒い絨毯の上にぽろぽろとこぼれ落ちた。私は少し申し訳ない気持ちになった。


夏のはじまり



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR