バタリアンな夜

2012/8/17 高雄

ぐちゃぐちゃどろどろべちゃべちゃ。そんな果物があったら、たいてい、いやだ。

近くに果物の路上販売があったので、高雄の友人にこれ、なに?って聞いたら、ひとつ買ってくれた。

釋迦という名前。読み方はシャカ。まるで仏像の頭だった。

二日後。

ホテルの部屋のテーブルの上には、あのとき買ってもらった果物がころがっている。

中の実が熟すまで二日から三日は待つようにと教えてもらっていたのでそのまま放っておいたのである。

その日は朝から観光して、ホテルに帰り、テレビをつけながら、スマートフォンで今日の思い出を整理していたら、そのぶつぶつが目にはいった。

心なしか初めて会った日より少し黒ずんできたみたいだ。

手に取るとぶよぶよにやわらかくなっていて、少し握力をかければ簡単につぶれてしまいそうだった。

ナイフを使わなくても素手で二つに割ることができる、と聞いていた。

左右を軽く持ち上げて、真ん中あたりから、折り曲げるようにして、そっと、割った。

やわらかい感触といっしょに、白くてつぶつぶした実が、じっとりした汁といっしょに、ぶちゃあっ、とあふれ出てきた。

あわててコンビニのビニール袋をテーブルに敷き、実が上になるように、二つになったそれを開くようにして置いた。

スプーンがないことに気がついた。箸も持ち合わせていない。毎日が外食である。あたりまえだ。

安いホテルの部屋にはインスタントコーヒーは付属していない。スプーンのかけらすら見当たらない。

仕方がないので、飲みかけていたタピオカミルクティーのカップから、極太のストローを引き抜いた。

果肉の表面にストローを近づけてから、一気にそいつを吸い込んだ。


ずびずびずびぃ、すぽっ、、くちゃっ、すぽぽっぴっぴー。


息苦しさだけが後に残った。二度目は無理だと思った。

顔をそのまま近づけ、開いた果肉にかぶりついた。


ぐちゃぐちゃ、どろどろ、べちゃべちゃ。


この光景はどこかで見たことがあった。

生きた人間の脳みそに食らいつくゾンビ

背後から見た自分は、まるでB級ホラー映画に出てくるようなゾンビ。むかし夢中になったバタリアンに違いなかった。

くちの回りに食い散らかした果肉がまとわり付いている。

果肉からしたたり出でてきた汁は、顔の表面で一つの点にあつまると、ぼたっ、と床に落ちた。

果物に触れたところは、みんなすぐにべたべたになった。べたべたは、にも、ほっぺたにも、鼻のあたまにも、飛び火した。

両方の指には、拭いたティッシュのかけらが、情けなくへばりついた。

甘みの成分だけが混ぜ合わさったような、やわらかなクリーム質の果肉には、少しの香りと、さらにほんの少しのすっぱさがあって、歯で噛むというよりも、飲むという表現にちかい。

のど越しはいたって控えめで、内側の粘膜をなでるように流れて、すうっと消えていく。

何度もかき回されてどろどろに溶けた、そしてほとんどの酸味を蒸発させた、ヨーグルトのようなひろがり。

とりおり、黒光りする、スイカの種よりも大きいくらいの、あやまって飲み込んでしまうには自らの存在を強く主張している、甘い甘い種が、にゅっとあらわれて、そのたびに吐き出している。

黒の種が増えるほど、白の部分がなくなっていく。それはとてもはかない感じ。

最後に、ビニール袋の上には皮と種の残骸だけが寂しく残った。


バタリアンな夜



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR