かき氷は夏のいろ

2011/9/25 新竹

 目の前に引き寄せるはずみで盛り上がった白い氷がぽろりと壊れた。指に触れる皿の水滴は目が覚めるように冷たい。蒸し返すような湿度でもうろうとしていた頭が少しだけ正気に戻る。

 マンゴーの色はたまごの黄身のように、それは真がつくほどの黄色で、白い氷は雪のようにふわりと空気を含んで、黄色に染まりながら何層もの縞の模様をつくった。白と黄色が入り混じる真ん中あたりに、プラスチックのスプーンをさし込むと、サクッと、黄色いシロップがとろり絡んで糸を引いた。

 マンゴーかき氷は、今や台湾の夏の風物詩のような存在である。台湾を紹介するガイドブックを開くと、あっちにもこっちにも、似たような写真が量産され、集客に期待をよせる観光アイテムとして、もはや典型の極致となった。

 粒状に磨かれた氷の上に黄色い果肉をのせると、冷たい氷に、氷ほど冷たくない果肉が、黄色いシロップと溶け合って、氷のなかに食い込んでいく。もぎたてからでる瑞々しい香りのなかで、太陽をいっぱいに含んだ高い糖度が、すっぱい繊維にうまい具合に絡まって、イイ感じにできあがっている。果肉は口の中でゆっくりと分解されていく感触で、意識したころには、形はなく、消えている。

 スプーンは2つ用意されていたが、友人は食べなかった。昨日食べたと言った。お皿の山盛りはぜんぶ自分のものになった。

 いつでも好きなときに食べられるという地元民の特権は、とてつもなく大きな余裕であり、一介の季節旅行者にすぎない私にとっては、どれだけがんばっても到達できない隔たりとなって、その現実の前に羨望の光を輝かせていた。

 友人に出会ったのは今日が初めてだった。日本で8年間働いた経験があるため日本語は達者である。日本語を流暢に話す台湾人を見ると日本人に見えて仕方がない。ここぞとばかりに勇んで食べ続ける悲しい旅行者を、友人はおおらかな貫禄のまなざしで見守っていた。

 新竹の旅は高雄を出発した高鐡を下車するところから始まった。初めて見る街にうろたえながら、どうにか市バスに乗り込み、新竹駅の近くに宿をとった。新竹はITの最先端企業が密集するサイエンスな都市としてその名を有名にしている。そのようにハイテクでビジネスな都会でありながらも、街中の至るところには、人々の日常の生活が昔と変わらない姿で続いている。

 玻璃工藝博物館(はりこうげいはくぶつかん)というガラスの歴史博物館を見物し、城隍廟(じょうこうびょう)の人々の熱気に生きる力を感じ、周辺の屋台の誘惑に負けて、米粉(ビーフン)貢丸(コンワン)を食べた。マンゴーかき氷の店に入ったころには、西の空が夕日の色に染まり始めていた。

 氷の山が崩れ落ちると、皿の底には水になりかけた氷だけが残された。べちゃりとして、雨のぬかるみのようにたたずんで、どこかにやりきれない気持ちを沈ませている。スプーンですくうと、水面だけがゆらゆらと揺れて、浮かび上がったほんの少しの氷が、とても切ないものに見えた。

 最後の一滴までを平らげてから、それまで渡しそびれていた日本のお土産を手渡した。白地黄色の柄の包装紙の中には、吉野堂の名菓ひよ子サブレーが入っている。一階に続く階段を下りて店を出た。暮れはじめた新竹の空には、いい風が吹いている。


かき氷は夏のいろ



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25
おでん屋のマナー 2018/03/18
金魚れもん 2018/03/11
排骨と飯と午後の予感 2018/03/04
アタマのコンクリとけだした 2018/02/25
風の方向に帰ります 2018/02/18

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR