冷熱冰を求めて

2013年8月17日 屏東

高雄から台鐵に乗って30分を過ぎるころ駅に到着した。

列車の冷房で冷え切った体を潮州の熱風が容赦なく溶かしにかかる。

ここは台湾南部の屏東市。目的はかき氷だった。

なんでもここのかき氷は、氷の具が熱いという話だった。熱いというのは例えで、食べる頃は氷に溶けて温かい。

駅の売店のお姉さんにかき氷が食べられるお店の場所を尋ねたら簡単な地図を書いてくれた。

お礼を言い地図に記してある道を進んだ。

8月正午の屏東である。日陰をつくれない低い建物がまばらに続いている。

犬が死にそうな顔してよだれを垂らしている。人通りは少ない。

そして目的地には一向に着かない。

着かないどころか目印に教えてもらったケンタッキーフライドチキンがいつまで経っても現れない。

まして見渡す限りの田舎の民家である。そんなハイカラな商業施設があるほうが不自然だ。

私はまったく違う方向に歩いていた。

ぐるぐると周り回った後、ようやく元来た駅に戻り、今度は駅を通過して先とは反対の方面に向かって歩いた。

汗はとうに枯れている。ペットボトルの水も底をついた。

民家の軒先で、兄ちゃんと家族とおもしき人が会話しているのが見えた。

これ以上灼熱の太陽に耐える自信はなかった。そのうえ方向が正しいかどうかも分からなかった。

思い切って尋ねてみることにした。

言葉の分からない私はガイドブックのかき氷の写真を指さした。

兄ちゃんは  おおっ  とすぐに事の状況を理解し、向こうだと方角を示した指を、そのまま隣にあったバイクの後ろ座席に移した。



            乗りなっ



甘いシロップに溶け崩れる氷の下から、作りたての白玉、湯圓、紅豆、小豆、芋が次々に現れてくる。

もちもち歯ごたえの隙間から半溶けの氷水が丸い甘みをのせて喉を滴り落ちる。

不釣り合いに見えるこの組み合わせが、絶妙なバランスを以て一つの食べ物を完成していた。

今までに経験したことのない違和感が、斬新さが、爽快感が、水分を出し切った身体の全体にしみ渡っていくのを感じた。

くたびれた身体に生きる元気をくれたかき氷の温もりは、見知らぬ外国人をバイクで助けてくれた、あの気のいい兄ちゃんの笑顔と重なったんだよなあ。



冷熱氷



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

そうてつ

いいですね!
いいですね!

こういう人情ある話が大好きです。だから台湾はいいんですよね。

ちゅんちゅん

Re: いいですね!
コメント、ありがとうございます!私もそのとおりと思います^^ これからも素敵な台湾をよろしくお願い致します。
非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR