台湾ちんほうちゃ日記

~ガイドブックにない無目的が目的の究極のひまつぶし~

道を渡るのもタタカイだ

2011/9/25 高雄

 道路を渡るのがコワい。べつに高速道路のど真ん中を何かの罰ゲームで渡ろうというんじゃない。どこの街にもあるごくごく日常的な横断歩道の、横じま白ペンキのうえを信号機が青になってスタコラ歩こうというだけのはなしである。

 原付をちょっと大型にしたようなバイクがいつでもウンウンと唸っていて、すぐにでも最高速度でかっ飛ばせる準備で満タンだ。車だって、いつ横断歩道を曲がってくるか分からない。気が付いたら数十センチ目の前を横切っていたりする。彼らは、僕ら弱小ニンゲンが横断歩道を渡り終わるのなんて待ってくれないのである。

 やっかいなのは見えない方向から走りこんで来るバイクと車だ。真後ろとか斜め後ろとか、交差点の死角になったところからヌッと現れる。目ん玉は顔の前にしかついていないから困ったもんだ。いつどこから攻撃をしかけてくるのか分からない。見えない恐怖におびえて、いつも道路の真ん中でチビっているから、もう替えのパンツはない。

 そんなとき、たいてい救世主が現れる。とめどなくあふれるバイクと車の洪水のなか、ひとり歩道の隅っこで戦慄していると、どこからともなくやって来て、事が済むと何もなかったかのように去っていく。彼ら、彼女らはゲンチジンと呼ばれていて、その土地の交通事情に関してたいへんに詳しい知識を持っている種族なんだそうだ。

 ゲンチジンは、ランダムに動き回るカオス理論のような凶暴キカイ装置の行動をすべて予測していて、ときには攻撃的な前進をしかけたり、またあるときは保守的に回避しながら、可憐な身のこなしで渡り歩いていく。それはまるで相手の心理を熟知しているような振る舞いである。僕はというと、ゲンチジンの背後にピッタリと身体を張り付けていて、彼ら、彼女らが立ち止まれば立ち止まり、歩き出せば歩き出すという、純情なコピーロボットに変身する。

 だから僕は、横断歩道を渡るときはいつも、自分と同じ方向に歩き出しそうなゲンチジンを探している。信号機が青になるのをただ見て待っているよりも、いっしょに歩いてくれるゲンチジンを探すことのほうがより重要性が高いんである。信号機よりもゲンチジンのほうがはるかに信用できるため、安全確実に道を渡ることができるのである。

 それでも学生くらいの頃は、東南アジアのルール無視車ビュンスカ道路でも怖がることなく平然と歩いていたんだっけなあ。どういうわけか年を食ってちょっと保身的になってしまったようで、なんだか寂しい。なんだかんだ言ってみても歩行者優先じゃないのことのほうが世の標準なんだから、歩行者優先の日本ローカル文化は外国では忘れたほうが身のためなんだよなあ。

 ようやく凶暴キカイ装置の魔の手から脱出して、今は駅の裏のレストランにいる。漢字の画数を倍くらいにしたような繁体字から料理の絵を想像して注文したら、予想どおり想像したものと違う料理がでてきたので、やっぱり予想は間違っていなかった。

 横を見て食っていたものを吹き出しそうになった。みんな店の冷蔵庫にある飲み物を勝手に出して勝手に飲んでいる。たぶんみんなお店の友達か知り合いかなんかだろうと勝手に解釈して納得したんだけど、実は台湾ではセルフサービスの一環として各自で飲み物をテーブルに運ぶという習慣はよくあることだった。

 高雄は今回が初めての旅行となったので、いろいろなトラブルに見舞われたけど、まあなんとか友人に会うことができたし、思い出に残る楽しい一日を過ごすことができたと思う。バイクの後部座席で風をきって駆けめぐった夜の高雄は、夏ということもあって、エキサイティングでそれはそれで印象的な風情があった。

 それにしても軽い朝食のつもりで注文した料理は、どう考えてもヘビーだった。前の晩も夜市で食い倒れていたので、胃の中はいつになってもキレイにならない気がしている。こうなったら胃に食い物をできるだけ詰め込んでおいて、日本に帰ってからときどき反芻してみれば、しばらくは台湾気分が味わえるのではないか、なんてアホなことを考えたりしていた。


道を渡るのもタタカイだ



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 高雄
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<赤帽おじさん忘れ物を伝えに来る | ホーム | おもてなし夜市ホロリ紀行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chinhoucha.net/tb.php/34-3d469b34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィールです。

みのりおん

Author:みのりおん
台湾はちんほうちゃな食べ物であふれている。でもそこで出会ったのは、食べ物ばかりでなく、美しいシゼン、よく眠るイヌ、そしてとても優しいヒトビトだった。そのどれもが、明るくて、のんきで、楽しくて。そんな「ちんほうちゃ」な出来事を、とりためた写真の隅っこから、いつもニヤニヤしながら切り取っているんです。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味です。
※本ブログの登場人物は基本的にすべて仮名を使用させていただいております。

いろんな場所にいきました。

台北 (10)
基隆 (2)
新北 (4)
新竹 (14)
苗栗 (3)
台中 (11)
彰化 (4)
鹿港 (2)
南投 (5)
日月潭 (3)
嘉義 (4)
台南 (10)
高雄 (11)
屏東 (4)
墾丁 (4)
小琉球 (2)
宜蘭 (10)
花蓮 (10)
太魯閣 (2)
台東 (11)
台湾日記 (1)

ぶろぐ村です。

facebookもやっています。

Twitterはじめました。

メッセージはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR