台湾ちんほうちゃ日記

~ガイドブックにない無目的が目的の究極のひまつぶし~

友達のともだちは哈花族

 2013/7/15 花蓮

そうか、花蓮に行くんだね!花蓮には私の友人がいるんだ。君さえよければ彼に案内するように伝えておいてあげよう。

 宜蘭のホテルの受付で仲良しになった兄ちゃんに、これからどこ行くのと聞かれたもんだから、花蓮に行くと答えてみると、花蓮の友人を紹介してあげると言うのだ。

 旅行の計画を立てるのが大の苦手な僕は、当然のように花蓮に行って何をするかなんて決めていない。もしかしたら、何もしないでホテルと食い物屋を往復するだけの日々も叙情があっていいなあ、と空想しているくらいの体たらくだった。

 いつもそんな感じの行き当たりばったり適当イイカゲンこの際どうにでもなれコノヤロー的な旅行なもんだから、兄ちゃんのココロ温まる提案を断る理由なんて見つかるはずがない。ふたつ返事ですんなりOKした。

 宜蘭駅で自強号という台湾鐵道の特急に乗ってから、1時間と10分くらい窓の外をぼんやり眺めていると花蓮駅に着いた。タクシーで向かうのは馨憶精緻民宿という泊まるのは初めてではないけれど、漢字が難しすぎていまだに読み方が分からない名前のホテルだった。それでも日本人のおじさんが経営しているというので、リホウ(こんにちは)とチンホウチャ(とても美味しい)くらいしか台湾言葉をしらない自分にとっては、日本語が伝わるぶんとてもありがたいホテルなのである。

 一年ぶりに見るホテルは一年前と同じで綺麗に整頓されてとても感じがいい。おじさんも僕のことを覚えていてくれた。1泊の料金はシングルで1,100元(日本円でたぶん3,300円くらい)だから財布にも優しい。花蓮で長期に滞在するならいつもここだと思っている。

 友人からFacebookのメッセージがあったので階段を降りて表に出ると、防塵マスクに、日除けの長袖ジーンズ姿のライダーが目に入った。ヘルメットを外して現れたのは女の人だった。宜蘭の兄ちゃんが紹介すると言った友人は、なんと女性だったのである。

 台湾語も中国語もからっきしダメな僕は、用意してきたペンと付箋ではじめて会う姉ちゃんと筆談した。姉ちゃんは台北出身で今は花蓮に住んでいる。修学旅行で花蓮に遊びに来てからというもの、花蓮が好きで好きでしょうがなくなってしまった。台北は人が多いし空気が悪い。つまらないところだ。だから花蓮に住んで花蓮で会社をはじめるんだと教えてくれた。僕は哈花族なの?と冗談ぽく聞いてみた。哈日族(ハーリーズー)という言葉がある。これは日本大好きニンゲンという意味だ。僕は花蓮大好きニンゲンとかけて哈花族としゃれっぽく聞いてみたのである。姉ちゃんはニヤリと笑って對啊!(Yes!)と言った。

 ホテル周辺の街並みはこじんまりと整理されていて、宿屋をはじめ、民家や、洗濯屋さん、薬局食堂なんかがこじんまりと集まっていた。姉ちゃんの勧めで、僕らは近くの廟口紅茶という軽食屋さんで腹ごしらえすることにした。注文したのは肉粽(にくちまき)と豆乳だ。肉粽は、その名前のとおり米のなかから大きな肉の塊がゴロっと出てきて、これだけで夕飯になってしまうんじゃないかっていうくらいの食べ応えだった。

 飲みかけの豆乳を携えさあ出発だ!と勇んでみたところで、ふっと疑問がわきおこった。姉ちゃんが乗ってきたのは50ccの原付バイクを大きくしたような、やっぱり外見は原付なバイクであったし、僕は国際免許証を申請していなければ、台湾の交通事情にも精通していない。僕が後部座席に乗ることは必須だった。でも相手は女性だ。どうしたものかと思案している暇もなく、姉ちゃんは後ろを振り返り、座席の空いたスペースを指さして乗った乗ったとためらう様子もなく指示してきたのである。


哈花族



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

  1. 花蓮
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<青い海の再訪記 | ホーム | 赤帽おじさん忘れ物を伝えに来る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chinhoucha.net/tb.php/36-d7f1ac7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィールです。

みのりおん

Author:みのりおん
台湾はちんほうちゃな食べ物であふれている。でもそこで出会ったのは、食べ物ばかりでなく、美しいシゼン、よく眠るイヌ、そしてとても優しいヒトビトだった。そのどれもが、明るくて、のんきで、楽しくて。そんな「ちんほうちゃ」な出来事を、とりためた写真の隅っこから、いつもニヤニヤしながら切り取っているんです。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味です。
※本ブログの登場人物は基本的にすべて仮名を使用させていただいております。

いろんな場所にいきました。

台北 (10)
基隆 (2)
新北 (4)
新竹 (14)
苗栗 (3)
台中 (11)
彰化 (4)
鹿港 (2)
南投 (5)
日月潭 (3)
嘉義 (4)
台南 (10)
高雄 (11)
屏東 (4)
墾丁 (4)
小琉球 (2)
宜蘭 (10)
花蓮 (10)
太魯閣 (2)
台東 (11)
台湾日記 (1)

ぶろぐ村です。

facebookもやっています。

Twitterはじめました。

メッセージはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR