サンゴに生えたみどりやま

 2012/6/23 小琉球

 東港渡船頭の港から船に乗って小琉球に向かった。小琉球は屏東県に属する離島でなんだか沖縄みたいな名前である。周囲が12~13キロのサンゴ礁で隆起した小さな島であった。

 30分くらいゆらりゆられて対岸に着いた。船から降りるとコンクリートの地面から太陽の熱がまぶしいくらいに跳ね返った。友人がバイク屋さんにレンタル料金を聞いている。一台のバイクが選ばれて僕は友人の後ろにまたがった。同じ船に乗ってきた人たちもレンタバイクで走っている。ヘルメットは自分も含めて誰もかぶっていない。過剰な交通ルールはこの島に必要ないのだ。
 
 山豬溝と書かれた案内板のすぐ隣に緑におおわれた木の階段がぽっかりと口をひらいているのが目に入った。山豬溝とあっていかにも猪がでてきそうである。階段は山の奥まで続いているようで、木や草に飲み込まれていくみたいに、そこだけ黒い穴を空けてたたずんでいるのであった。

 山豬溝は島のやや西に位置し、手元のパンフレットにはサンゴ礁石灰石植群の代表的な地帯とある。まあ言ってみればサンゴ礁からできたに木など多くの植物が生えまくっているということなのである。

 階段は山の中をうねうねと曲がりくねるように続いていた。平らになっているところもあって、ときどき休憩するためのベンチが置かれている。道の両側にはむきだしになった地層が壁のように迫っていて、その壁に沿って木の根っこのようなツタのようなものがにょろにょろと這い回っている。よく見ると木が触手なようなものを伸ばしていて、自分で自分の本体を縛りつけているような部分もある。自虐的なのか成長を誤ったのかどちらともつかないようなそんなヘンな木がいたるところに生えていて、山の蒸し暑さとからまってそのときは自分の頭がヘンなったのだと思っていたけれど、あとで調べてみたらそれはガジュマルの木であることが分かった。

 水をいっぱいに吸いこんだ空気が体にべったりと集まって表面から汗といっしょに流れている。台風はこの数日で去ったばかりであった。地面はところどころでぬかるんでいて、歩道の溝のあたりには自分の進む方向に逆らうようにして雨水が流れていた。気がついたら木の隙間からこぼれ落ちる太陽の光が少なくなり、足元もだんだんと薄暗くなってきた。小さく見える空から入道雲が灰色の顔をしてうごめいているのが見えた。ぽたぽたと葉をたたくような音がしたかと思うと、次第にそれは大きな音になって、ついに山全体がバアーと低いうなり声をあげて大雨になった。

 良いことに木の葉が天然の傘になった。雨がやむまでその場でじっと耐えていると、耳の裏のほうからプーンという電子音がして、遺伝子がもつ記憶とでも言ったらいいのか、きっと生物がもつ本能のヒラメキのなかで、その音がとてつもなく不愉快きわまりないものであることを瞬間的に察知した。足をガシガシと地面にたたきつけてみたり、手をグルグルとまわしてみたりと、意味不明なたこ踊りをしてみたけれど、やっぱりそいつに食われた足や手のぶつぶつ膨らんだあたりをボリボリと爪でかきむしった。雨のなかで身動きができないことを分かっていながら執拗に追いかけまわすとはなんとも卑劣な奴である。

 それを見ていた友人がチューブ入りのムヒをくれた。日本のムヒだった。カタカナでムヒと書いてあるのだ。指にとって患部になすりつけてみたが、皮膚はすっかり汗でコーティングされているみたいな感じになっていて、白いクリームはぬるぬるすべって皮膚になかなかなじんでいかない。まとわりつく蚊を必死に追っ払いながら、大降りだった雨はやがて小雨になり、次の瞬間には木と植物の緑が太陽の光を白く跳ね返して、それは鮮烈な光景だった。晴れ上がってみるとが嘘のような本当の生きたになっていて、暑さがまたもとのように熱くぶり返してきた。

 途中の案内板には矢印で觀海平台110公尺15分鐘と示されている。きっとこの先を行けば海が見えるに違いなかった。熱さでもうろうとしながら先を進んだ。


サンゴに生えたみどりやま



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR