台湾ちんほうちゃ日記

~ガイドブックにない無目的が目的の究極のひまつぶし~

ぶよぶよまみれの衝動

2014/1/3 彰化

 ベッドのうえでガイドブックを眺めている。そういえば彰化にはまだ行ったことがなかったなあなどと、半分寝ぼけた頭で今日の行き先をあれやこれやと思いめぐらすことから台湾の一日が始まる。

 僕は計画を立てることが苦手で、とりあえずどこかしらかのホテルには泊まってはみるものの、その日になってみてはじめて何をするかを決めるのである。だから台湾にいるときの僕はいつも退屈なんである。

 PLAZA HOTEL台中駅改札を出て右側の国光客運台中站バスターミナルを抜けた建国路沿いにあり、一泊だいたい1,400元(たぶん4,500円くらい)で泊まれて、その値段のわりに部屋はとてつもなく清潔で整頓され、洗濯機と乾燥機がいつでも使えて、机の上のアメニティセットにまぎれてうまい棒がひそかに2本備え付けてあるので、僕はたいそう気に入ってしまった。でもこのウワサが広まったらみんなこぞってやって来てハイシーズンなんかだと予約が殺到して泊まれなくなる可能性があるので、これは僕だけの秘密である。

 ホテルから歩いて1分もしない台中駅から電車に乗って気楽にいける場所であったし、もしかしたらまだ行ったことのないような気もしたので、よく分からないけれどまあ行ってみればあとはなんとでもなるっしょ、といういつもの行き当たりばったりなノリで、その日は彰化に行くことに決まったのであった。

 台中駅から彰化駅までは20分足らずで着いてしまった。正月三が日といってもそこには正月気分なんていう風情はなく、勤め人も学生もタイワンイヌもみんないつもの顔してさっそうと歩いている。新正月と言われる僕らが知っている正月は台湾ではごくごくふつうの平凡ありきたりな日なのである。

 地球の歩き方の彰化のページに肉圓(バーワン)のお店が紹介されている。よく見ると紹介されている3つのレストランのうち2つがバーワンのお店であった。今日は3分の2の確立でバーワンにあたるんだろうなあ、などと地球の歩き方しか世界を知らない僕はただそんなことばかりを考えて歩いていた。

 バーワンといえば挽いた肉の塊に、シイタケタケノコタマネギを混ぜ込んで、粉ものを練りまわしたぶよぶよの炭水化物で豪快に包み込んでしまう、というデブがいかにも好みそうな食べ物である(僕だ)。さらに彰化のバーワンは蒸す、などとというお行儀の良い調理方法ははなっから放棄していて、どうするのかというとぶよぶよに丸めたソレをあぶら跳ね散る大なべに放り込んでぶちぶち揚げてしまうものだからたまらない。まさに炭水化物あぶら大好きデブには感涙ものなのである(僕だ)。
 
 駅前の大きな通りを渡って3分も歩いていると2軒の肉圓店があった。阿璋肉圓正彰化肉圓である。2つの店は一本のそれほど広くない道を隔ててはす向かいに並んでいる。そのとき立っていた場所にたまたま近かった阿璋肉圓に入った。僕は35元(たぶん100円くらい)をおばちゃんに渡すと、でてきたでてきた。湯気たちのぼるぶよぶよの肉塊、というかむしろ炭水化物とあぶらの塊。そのあぶらが素敵な感じに染み出ている。ヨコには正体不明の赤いタレがかかっていて、パクチーの緑がいいアクセントになっている。

 できるだけいっきに食ってしまおうとおもいっきりでっかい口でかぶりついた。サツマイモの粉で練られたというデンプン質たぷたぷのぶあつい皮の中からあっつい豚肉が飛び出して、アヒィアヒィアヒィとなっていると、同じカウンター席のとなりにスープを手にしているおっさんを発見。ガラスの向こうにセルフサービスの巨大ずん胴がどでんとすわっていた。豚の脳みそスープを飲みながらぶよぶよのなかのモノモノが冷えるのを待った。

 彰化をあとにしようと駅前に戻ると、駅舎の様式と噴水のたたずまいがすっきりと正面に入った。行ったことがない、と思っていた彰化であったが、以前にも来たことがあった、ということをこのときはじめて思い出すのであった。


ぶよぶよあぶらまみれの衝動



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

  1. 彰化
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<変わりゆくもの代わらないもの | ホーム | サンゴに生えたみどりやま>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chinhoucha.net/tb.php/42-b6e8e5c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィールです。

みのりおん

Author:みのりおん
台湾はちんほうちゃな食べ物であふれている。でもそこで出会ったのは、食べ物ばかりでなく、美しいシゼン、よく眠るイヌ、そしてとても優しいヒトビトだった。そのどれもが、明るくて、のんきで、楽しくて。そんな「ちんほうちゃ」な出来事を、とりためた写真の隅っこから、いつもニヤニヤしながら切り取っているんです。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味です。
※本ブログの登場人物は基本的にすべて仮名を使用させていただいております。

いろんな場所にいきました。

台北 (10)
基隆 (2)
新北 (4)
新竹 (14)
苗栗 (3)
台中 (10)
彰化 (4)
鹿港 (2)
南投 (5)
日月潭 (3)
嘉義 (4)
台南 (10)
高雄 (11)
屏東 (4)
墾丁 (4)
小琉球 (2)
宜蘭 (10)
花蓮 (10)
太魯閣 (2)
台東 (11)
台湾日記 (1)

ぶろぐ村です。

facebookもやっています。

Twitterはじめました。

メッセージはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR