たそがれ時のかきこみ飯

2013/6/24 嘉義

 七彩噴水池ちかくの50嵐という飲み物屋のまえでひとりタピオカミルクティーを飲んでいる。今日はありがとう、という言葉を残して友だちが買ってくれた。

 ほんの少しまえにY君という友だちと別れた。これからS君とA君という友だちと会うことになっている。台湾では、ぼく以外の友だちはみんな仕事をもっているから、会社を抜けだしてきたY君は仕事にもどり、仕事を終えたS君とA君がやってくる。

 陽はしょんぼりと傾きかけてきて、うす曇の空からのびる明かりが、嘉義の文化路を淡い黄色に照らしはじめていた。

 横断歩道を歩いてくる二人の友だちは、インターネットで見たときと同じ顔をしていたので、ぼくは、はじめてなのにはじめてじゃない気がしたし、ほんものに会ってみると、やっぱりうれしかった。お互いにやあと言った。

 友だちの一人がぼくに腹減ったかと聞いてきて、さっきまで豆花を食べたりお茶を飲んだりしていたから腹はそれほどに減っていないはずだったんだけれど、どうしたものか腹減ったとつい言ってしまったもんだから、じゃあ飯を食おうということになった。

 入ったところは郭家雞肉飯という鶏肉ごはんを食わせてくれるお店だった。まえに嘉義に来たときにも鶏肉飯を食べたことがあって、また今回も鶏肉飯だったから、これはきっと嘉義に来たら鶏肉飯を食べなさいということらしい。

 三人そろって鶏肉飯を注文した。テーブルに置かれた小さなお碗の白いご飯のうえには、ほぐした白い鶏の肉が乗っかっているだけで、なんかカンタンだ。
 
 それでも食べてみてびっくりした。日ごろからびっくりすることなんてそんな滅多にあるもんじゃないんだけれど、食べてびっくりすることなんてもっとないもんだから、これはほんとうにびっくりしたということになる。

 そっけのない見た目とは裏腹に、もっとも鋭い、そして深くて奥ゆきがあるような、控えめに言っても破格な味をしていたからおどろいた。鶏肉はそれ自体からいい匂いをだしている。噛みごたえはあるけどやわらかい。あぶらが入ってもしつこさはなく、塩味もうそをついていない。

 鶏からあふれる肉汁は下の白いご飯にもよくしみこんでいて、ほんのりと甘い。鶏肉が乗っかっていなくても、この汁だけでご飯が5杯は食えそうだ。

 あとから聞いて知ったことだけど、嘉義の鶏肉飯は、ニワトリの肉ではなく七面鳥の肉を使っているんだそうだ。だからというつもりはないんだけど、三人ともペロリと食べてしまった。いちばん早くお碗を空けたのは間違いなくぼくだった。やっぱり、ちゃんと食べるのであれば5杯は食べる、というのが普通なんだろうなあ、ということがこのときようやく分かったような気がする。

 鶏肉飯はひとつ40元(120円くらい)だと思っていたけれど、友だちがいつの間にかぼくの分まで払ってしまっていたから、ほんとうの値段は忘れてしまいました。

 店を出てから友だちは家にバイクを取りに行くと言った。バイクに乗っていっしょに嘉義の街を走ろうというのである。もちろんぼくは後部座席に乗せてもらうんだ。

 人波にかき消されていく二人の友だちの後ろ姿を見送りながら、街灯に照らされて光る七彩噴水池の水のしぶきが、絶え間なく噴き出している音が聞こえていた。


たそがれのかきこみ飯




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR