台湾ちんほうちゃ日記

~ガイドブックにない無目的が目的の究極のひまつぶし~

奇跡の臭豆腐

2013年7月18日 花蓮

使い込まれた鉄の鍋の油に、発酵した豆腐が投げ込まれると、ぱちぱちと音をたてて跳ねた。

花蓮徳興運動場の近くを流れる河の橋のたもとにその屋台はある。

店の前に立つと、まるで絵にかいたような愛嬌たっぷりの丸い顔をしたおじさんが、にこにこして迎えた。

即席で作られたビニール製の天井の下には小さな丸いテーブルが二つと、それを取り囲むように簡単なプラスチックの椅子が置かれていた。

愛嬌おじさんは注文から調理まで一人切り盛りしている。さらに元気いっぱいの裸足である。




  ちょうどうふ!いーが!




人差し指を立て臭豆腐を一つ注文した。

ぴちぴちぱちぱちと、軽快な音が鳴り響く橋の上で、大型トラックがぐうんと鈍い轟音とともに通り過ぎている。

しばらくすると、揚げたばかりの四角い豆腐が、丸いお皿の上で、しゅうしゅうと湯気をたてて運ばれてきた。

熱いままの一つを口に放り込む。

表面はかりかりと歯に心地よく響いて、ふくよかな弾力の中からうまみを凝縮した漬け汁がぷしゃあと飛び出すと、口の中を芳醇な香りで満たした。

豊かな香りの中でかりかりぷしゃあを繰り返し、傍の野菜の漬物でこりこりと口の中を中和する。

世界中のありとあらゆるうまみ成分を抽出してかき集めたら、きっとこのような味になるに違いがなかった。

偏見の向こうには楽園がある。

臭いという先入観が幻影を作り、幻影は放出される臭いで現実になる。現実は独り歩きして苦手という固定観念を生み出す。

固定観念は真のうまみへの到達を妨げる負の産物だ。

体質的に合わないのは仕方がないとしても、実体のない固定観念によって、楽園への招待状を放棄する人たちがいる。

しかし、偏見という、固定観念が作り上げた偽りの防壁を打ち破ることができれば、楽園は容易にやってくる。




   ちんほうちゃ!




台湾語で  とてもおいしい! という意味である。

私はこの言葉以外に、今の自分の気持ちを表現する手段を持ち合わせていなかった。

愛嬌おじさんは、にこにこした顔をもっとにこにこさせて、親指を突きあげた。




   讚!




 讚! はFACEBOOKでいうところの いいね! に該当する。

お店は市の中心から遠く、周りには大きな道路があるだけで、ガイドブックに載っていない。店舗がないため名詞もなければ地図もない。

しかし、本物はどこに隠れているか分からない。

今まで食べたどの臭豆腐よりもうまい、自分の中で一番の、それも最上級の臭豆腐を、遠い街の郊外で知ることになった。

愛嬌おじさんは 讚!だけではもの足りないのか、 讚! 讚! 讚! と三回やってくれた。これも愛嬌である。




  ちょうどうふ!いーが!




皿の上の料理を食べきらないうちから私は二皿目を注文していた。


奇跡の臭豆腐



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

  1. 花蓮
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<二つの空 | ホーム | バスの運ちゃんと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chinhoucha.net/tb.php/5-f70e2a92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィールです。

みのりおん

Author:みのりおん
台湾はちんほうちゃな食べ物であふれている。でもそこで出会ったのは、食べ物ばかりでなく、美しいシゼン、よく眠るイヌ、そしてとても優しいヒトビトだった。そのどれもが、明るくて、のんきで、楽しくて。そんな「ちんほうちゃ」な出来事を、とりためた写真の隅っこから、いつもニヤニヤしながら切り取っているんです。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味です。
※本ブログの登場人物は基本的にすべて仮名を使用させていただいております。

いろんな場所にいきました。

台北 (10)
基隆 (2)
新北 (4)
新竹 (14)
苗栗 (3)
台中 (11)
彰化 (4)
鹿港 (2)
南投 (5)
日月潭 (3)
嘉義 (4)
台南 (10)
高雄 (11)
屏東 (4)
墾丁 (4)
小琉球 (2)
宜蘭 (10)
花蓮 (10)
太魯閣 (2)
台東 (11)
台湾日記 (1)

ぶろぐ村です。

facebookもやっています。

Twitterはじめました。

メッセージはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR