台湾ちんほうちゃ日記

 だんだんと小さくなっていく陸地を見ていると、今までの台湾旅行というものは、自分の精神に大きく作用したようだな、という実感があった。そして、台湾と私とを強く結び付けていたあたたかな時代は、ここで一つの節目をむかえたようだ、とそのとき私は思った。
 
 台湾にはじめて訪れたとき、私は、慣習や言葉の違いに戸惑いを覚え、斬新な食べ物やそれらの匂いにいつも驚き、人々のやさしさに心打たれて感動の連続だった。

 そうしたみずみずしい気持ちでいた時期は、いつの間にか私の身体から通り過ぎ、既に過去の出来事になってしまっていたのである。そろそろ転換すべき時期にさしかかっているのかもしれないな、という自身の心の移り変わりを、そのあいまいな意識の中で、はっきりと認識していた。
 
 すべてが良いことばかりであったかと言えば、決してそうではない。しかし、そんなことは比較にならないくらいの、忘れることができない珠玉のような思い出が、心の奥で、ずっとあたためられていた。

 2年近くに続いた旅行を通して、私は多くの写真を撮りためていた。そして、写真をそのままにしておいたことが、少し気にかかっていた。このまま陽の光を浴びることなく、メモリの中で眠り続け、やがて朽ち果ててしまうことに。
 
 もしも、その写真の一枚一枚を整理して、そのときに見たこと、感じたこと、考えたことなどを文章につなぎ、記録として残していけば、あのときの記憶が、あの場所の空気が、完全とまではいかないかもしれないけれど、せめて片鱗だけでも、なつかしい思い出となって息を吹き返し、像を結ぶかもしれない。

 日々の、めまぐるしく流動していく情報の中で、記憶の輪郭はぼやけ、時には上書きされ、最後には消滅してしまう。今からでもいい。私は書こうと思った。私の頭からすべての思い出が消えてしまう前に。

 思い出の入れ物は「台湾ちんほうちゃ日記」とした。「ちんほうちゃ」という言葉は、私がはじめて覚えた台湾語だった。この一言が私を助け、励まし、人々とふれあうきっかけをつくってくれた。この言葉が、今までの台湾旅行を充実してものにして、どれだけ印象を深めてくれたことか。

 台北から羽田へ、さらに電車に乗り継いで自宅へ。またたく間に、規律と、繁忙と、緊張のいつもの風景に戻ってきてしまった。そのあわただしさが嫌かというとそうでもない。いつもあたたかく迎え入れてくれる台湾もいいが、こういう堅苦しい日本もけっして嫌いではない。

 台湾のSIMカードが差し込まれたスマートフォンは、電源が入っても、もう電波を拾うことはなかった。人々はエスカレーターの左側に立ち、帰宅客で混雑する電車内は、疲れた果てたように静まりかえっていた。いつもと変わらない日常がここにあった。私は昔から今日までずっとここにいたのだ。

 しばらく空けたままだった部屋に電気を入れて、横にしたスーツケースのふたを開くと、あたたかな空気がフワリと部屋の中にひろがった。そのなつかしい匂いは、しばらく留まって、いつしか消えていった。


***台北→東京の機上にて*** 


台湾ちんほうちゃ日記



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25
おでん屋のマナー 2018/03/18
金魚れもん 2018/03/11
排骨と飯と午後の予感 2018/03/04
アタマのコンクリとけだした 2018/02/25
風の方向に帰ります 2018/02/18

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR