無頓着、という目的

 僕らは2台の車に分かれて、高雄にある美濃に向かっていた。窓の外は田んぼが永遠と続いて、どこを見渡しても稲穂の草原が広がっていた。

 その日は高雄と台南から友だちが集まってきた。友だちは僕をのぞいてみんなはじめての顔合わせだったから、お互いに気を使うようなことにならないかと、僕はひそかに気になっていた。

 友だちは口々に、どこに行きたいか、どこに行ったことないか、などと僕に聞いてくるんだけれど、台湾にきて目的などというものを持ったことがない僕は、どこに行ってもいいと思っていた。それどころかむしろ、近所のお店でかき氷を食べてボーっとするうちに一日が終わるのもいいもんだなあ、と思っているくらいの無頓着ぶりなので、台湾の友だちには、いつもあいまいで要領を得ない答えばかりを繰り返していた。

 そんなことだから、僕が台湾に行くと、決まって友だちどうしで意見を出し合い話し合いになるのであった。話の内容は、とりわけ、日本人はどこに行ったら喜ぶのだろうか、に関するもので、ときに真剣な議論に発展することもあった。

 そういったいつもの手続きを経たあげくに、今回の行き先として浮上したのが客家の街として知られる美濃という地だった。そんなこんなで、僕のそれまでの気がかりとは裏腹に、友だちたちはいつの間にかみんな友だちどうしになっているのである。

 僕たちは、人数も人数だったので、友だちの2台の車に分乗することになった。僕はゼン君という、ほぼ自分と同じ年恰好の青年が運転する車に乗せてもらうことになった。ゼン君はかつて大阪の学校に留学した経験があって、日本が懐かしいよと言っては、まるで日本人のような日本語をたくさん話すのであった。

 車は高雄の街なかから出発して40分くらいで目的地に着いた。もう一台の友だちが運転する車も、となりに停まった。駐車場から見上げる看板には、大きな文字で美濃民俗村と書かれていた。

 土産物屋が連ねている敷地の入口をすぎると、小さな庭園がひろがり、辺りにはどこか懐かしい感じのする井戸や水車や荷車などがこじんまりと配置されていた。

 レンガ色の古い建物には、様々なお店が入って、古い客家の民芸品や工芸品などが並び、なかでもひときわ目を引いたのは美濃油紙傘という非常に手の込んだ趣のある傘だった。客家の伝統的な文化だそうで、花模様や風景画、はたまた何かの幾何学的配列を表現した絵など、色とりどりの傘が壁一面にひらかれ、そのひとつひとつの絵柄は、お互いの個性を主張しあって、すでに芸術品の域だった。

 周囲からは絶えず、笛が奏でる不思議な音楽が流れていて、その音楽に混じって、どこからともなくお茶っ葉の落ち着いた香りが漂ってきた。近くに客家擂茶館というお茶屋があって、ここでは自分で実際に茶葉を擦って飲むことができるんだ、ということを友だちに教えてもらった。

 駐車場に戻ると、灰色の雲が上空に密度を増して、遠くからゴロゴロと雷が鳴る音が聞こえてきた。それから、僕たちは旗山老街に向かった。

***高雄の美濃で***


無頓着、という目的


ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25
おでん屋のマナー 2018/03/18
金魚れもん 2018/03/11
排骨と飯と午後の予感 2018/03/04
アタマのコンクリとけだした 2018/02/25
風の方向に帰ります 2018/02/18

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR