太陽と月の湖で

  大学生の二人組みとは次第に打ち解けていった。ひとりは王君でもうひとりは蔡さんといった。蔡さんは台中に住んでいて、王君はこの日のために桃園から台鉄に乗ってはるばる台中まで来たのだという。僕はそうした彼らとたまたま台中駅のバス停で出会い、そしてタクシーの運ちゃんに出会い、みんなで相乗りして日月潭にやって来たのである。

 王君はいたって物静かな男で、主導権の大半は蔡さんが握っていた。行くところ行くところいつも彼女が王君の前を歩いていたし、そのうちいつのまにか、僕を含めた男二人組みが蔡さんを先頭にして後ろからついて行く図、というものが出来上がっていた。

 僕はもともと彼らとは初対面であったので、別行動をするものと思っていた。しかし、タクシーを降りるところが同じであれば、観光地という性質上行くところはだいたい同じようなものになってしまうもので、せっかくだしみんなで歩いたほうが楽しいよ、という蔡さんのひと声で、三人で行動するという結論が僕らの前に正式に下されたのである。

 日月潭の周囲は観光スポットのようなものがいたるところ点在していて、タクシーは湖をぐるり一周するように各地を各地を停まりまわった。車の窓には、いつも太陽の跳ね返りでまぶしいくらいに光っている湖面が見えた。

 タクシーは日月潭纜車というロープウェイ乗り場に着いた。蔡さんと王君と僕は、ひとり300元の往復チケットをそれぞれ買い、ゴンドラの発着場がある2階までの階段を上った。柵の中には、のゴンドラが、正しい順序と間隔を守って動いていた。僕たちは係員に指示されるままに進み、黄色のゴンドラに乗り込んだ。

 山を登るゴンドラの中からは青い湖とそれを囲むように隆起する緑の山々が、遅い午後のゆるやかな太陽の光に照らされて、浮かんでいるように見えた。僕は刻一刻と刹那的に風景を変えていくゴンドラの上昇に焦りながらも、その瞬間瞬間を逃すまいとして連続して何度もカメラのシャッターを押し続けていた。

 蔡さんはそんな僕の行動の一部始終を見て、写真ばかり撮ることに夢中になって景色をまったく楽しんでないじゃないのよ、と核心を突くような正確無比な本質的な意見を言い放った。本当にそのとおりだと思った。僕はゴンドラに乗っている間ずっと、ファインダー越しという人工的な狭い穴を通してしか風景を観察していないことに気がついた。

 20分くらいしてゴンドラは九族文化村に降りた。“九族”というのは台湾の先住民族の数を意味している。実はその後に紆余曲折な経緯をもって、今では全部で14の民族があるという結論に至ったが、この村がつくられた当時はまだ9つの民族に分類されていたので、九族という名称がそのまま継承されているということである。ここでは台湾の原住民の民芸品や工芸品や、どこか懐かしい感じがするお菓子などの土産物が売られていた。

 村の中をひとしきり見た後で、僕らはふたたびゴンドラ乗り場に戻った。帰りのゴンドラから見る外の景色は、来るときよりもいくらか色が落ちはじめていて、湖や山に反射する太陽の光も徐々に弱まりかけていた。

 僕は二人の邪魔になっていないのだろうかということをいつも気にしていた。気を利かせるつもりでところどころ二人との距離をおいたりしていたが、その度にいつも、二人のうちのどちらかは僕の視界の中にいて、それはどこか、こちらを気にかけてくれているような、初めて会ったけど初めてじゃないような親しみとして感じられていた。二人はいったいどういう関係なのだろうか、考えてみたけれどもわからないままだった。やがてゴンドラはタクシーの運ちゃんが待っている日月潭纜車の発着場に着いた。

***日月潭にて***


太陽と月の湖で


ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR