墾丁糞闘記

  突如クソがしたくなった。真夏の山道である。すぐそこの草むらでやってしまおうか、という陰謀が一瞬頭の中をよぎったが、台湾の観光地でそんなことでもしてしまったら、オレは日本を代表する野グソ人間の烙印を押されたまま残りの人生をひっそりと歩んでいかなければならない、と考えなおしてなんとか踏みとどまった。

 台湾に来てからというもの、立て続けにいろんなものを飲み食いしていたので、どうもお通じがよすぎる、ということがしばらく続いていた。特に昨晩は高雄輕井澤鍋物という新進気鋭な火鍋の店で、鍋の中ぜんたいが真っ赤になるくらいに大量の唐辛子をかき混ぜて、さらにその上にまたまた大量の白米をぶち込んで、それらを台湾ビールでたらふく流し込んでいたので、ある意味で確信犯的な自業自得だと言われても仕方がない。

 社頂自然公園龍磐公園からほどよく内陸部に進んだ墾丁森林遊楽区の近くにある。公園全体が珊瑚礁の地形でできているというだけあって、いたるところで岩肌が迫る細い道や水が滴り落ちる石灰石の洞窟が目に付いた。あたりの木という木はそろいもそろって同じ方向に傾いて生えていた。どこかの本で読んだがこの地域は東北から吹く強い季節風の影響で、そこに生える木はいつも風に吹かれたままのような、言ってみれば盆栽みたいな形になってしまったのだそうだ。うーむ、芸術である。

 そうこうしているうちにふたたび次の腹痛がやってきた。いわゆる第二波である。歩道の両脇に生い茂っている植物が蜜を大量生産しているのか、の群れが集まり、身も軽やかにしてうれしそうに飛び回っている。そして、こちらの差し迫った心理を知ってか知らずか、の集団が容赦ない鳴き声を楽しそうにあたり一面に撒き散らしている。そして暑い空の下でひとりオレは冷たい汗をかいていた。できることなら蝶にでも蝉にでもなってやりたい。もうダメかもしれないと思ったとき、極限まで押し寄せていた荒波は何事もなかったかのようにまたもとの静寂を取り戻した。
 
 樹木がうっそうと交錯するトンネルを抜けてしばらく簡単な歩道を登っていくと草原がひらけたところにでた。パネルの地図が立ててあったので、今いる位置を確認するとまだ公園全体の半分も歩いていないことが分かった。公園を歩いて気がついたことであるが、人工物が極めて少ない。ありのままの自然を鑑賞しなさいという施設側からの希望なんだろうか。

 そんな平和な空気を打ち破るかのように第三波が不適な笑みを浮かべながらジワジワと隆起してきていることを腹の奥底で感じ取った。今度こそ本当にもうダメかもしれないと覚悟するとともに、泣いたり笑ったり感動したりと、今までゆかいな仲間たちとともに歩んできた台湾旅行の楽しかった思い出が、走馬灯のようにぐるぐると頭の中を駆け巡っていった。

 とうとう高雄のフェイさんもオレの異変に感づいたようだった。オレは引きつる顔を正常に押し戻して、少しでも快活に振る舞おうと、近くの草たちに肥やしでも分けてやろうかなあ、などと冗談をとばそうとしたが、オレにそんなことしている余裕がないことは誰の目にも明らかであった。フェイさんはもしものときのためのポケットティッシュをハイよと言ってオレに渡すと、オレはさっきのパネルの地図にあった自然と一体化したような公園きっての数少ない貴重なトイレ目指して一目散に坂道を駆け下りた。

 オレたちは小高い丘のところにまでやって来ていた。それまでに小裂谷、賞蝶走廊、石灰窯、湧泉、小峡谷、大峡谷、白榕、迎風門といった数々の魅惑的な名称の地点を通過していたようであったが、今から思えばそれはそれは大自然が織りなす驚異的な地形のオンパレードなのであった。
 
 丘の上から見渡すと今までのオレの苦悩がウソになるくらいの青い青い空が広がって、ずっと向こうの大地のはずれにはさっきまで遊んでいた龍磐公園が見えた。

***あおぞら広がる墾丁で***


墾丁糞闘記




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR