さまよえる前進

 遠くにゆるやかにうねる山々や、みどり豊かな田園の風景を走る車のなかで、ハンドルを握る張さんへの疑問が、ほとんど無思考な頭の隅にぐったりとくっついたまま離れないでいた。その疑問というのは、張さんには何か別のところに本当の目的があるのではないか、といった疑惑や懐疑に近いものであった。
 
 張さんは私が泊まっているビジネスホテルに勤務している。もちろんホテルに観光ガイドというサービスも、またそれを目的に宿泊する客もいない。しかしこうして、一介の通りすがりのひとり旅行者に過ぎない私を、自分の車に乗せて、宜蘭の観光地、とりわけ風光明媚でいわゆる隠れた観光地といったようなところに案内している、という展開になっている。
 
 純粋に旅行客を楽しませてやりたいというただの親切心からきているものなのか、後になって宿泊費とは別に高額なサービス料をせしめようとしているのか、また何やらただならぬ自身の趣味嗜好の餌食に引きずり込もうとしているのか、どちらなのかも分からなかった。

 車は、ここが勝手知ったる土地であるかのように、さらに森の奥へ、かろやかに、そしてこきざみにずんずんと進んで行った。
 
 お互い言葉が通じないことが分かっているせいか、どちらからも声は上がらなかった。私は、ときおり窓の外を眺めては、ガイドブックの地図に目を落としたりしていた。

 道はいつの間にかアスファルトから砂利の道に変わっていた。両脇に背の高い尖った草が壁のように迫っているなかを、カーブを描くように道なりに進んでいくと、いきなり空がぽっかりと口をあけて、ひときわ広い車だまりの場所にでた。車は一台もなく、張さんは駐車スペースの真ん中あたりに車を停めた。

 そこは、まだ少し朝露にけむる湖が広がっていた。

 夏の朝の清々とした空の下に、ジグザクのような機械的な形状をした赤い橋が架かっているのが見えた。ときおり天空のそれと呼応するようにして、水面をころがるように小さな風のかたまりが走っている。森の茂みの向こうからは、野鳥の高い澄んだ声が聞こえてくる。

 湖を囲む歩道の至るところで倒木が立ちふさがっていた。一昨日の台風の置き土産だ。湖面の近くの岸からゴボゴボとものすごい濁音をあげて、たくさんの泡を含んだ水が木の歩道の一部を持ち上げるように噴き出しているところがあった。「しゃおしん(小心)」と私の先を歩く張さんから気をつけるようにと声がかけられた。

 湖のほとりはちょっとした広場になっていて、瓦屋根の下に望龍亭と書いた木札を垂らした小さな円形状の休憩所があった。私は張さんに促されるようにしてベンチに腰かけた。

 張さんはどこから買ってきたのか、ビニール袋のなかから二人分のサンドイッチと豆乳を取り出して、その一人分を私の座っているベンチの近くに置いた。そして片言の英語で「ここは宜蘭のなかで私のお気に入りの場所なんだ」と言った。FACEBOOKのチェックイン機能で位置情報をサーチすると、宜蘭望龍碑の地名が検出された。それは員山鄉の枕山村にある。スマートフォンの表示画面を張さんに向けると、張さんは静かに頷いた。張さんの表情の真ん中には、屈託のない笑顔があった。

 水辺のあたりに、少し茶色がかった体毛のガチョウが何羽かあつまって、グワッグワッとくちばしで羽づくろいをしているのが見えた。
 
***宜蘭~清々しい早朝の湖で***

さまよえる前進



ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25
おでん屋のマナー 2018/03/18
金魚れもん 2018/03/11
排骨と飯と午後の予感 2018/03/04
アタマのコンクリとけだした 2018/02/25
風の方向に帰ります 2018/02/18

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR