台南の飛虎将軍

 締めつけられていた東京から飛びだし、台北の松山に降りたち、そのまま高鉄を走って、台南まで一気に駆けぬける。途中、台鉄の扉に滑りこみ、切符を改札に投げつけ、弁当屋の勧誘を振りきり、歩道のイヌ蹴とばし、予約していたホテルにチェックインした。羽田からここまで5時間半。すべては“逃げ”だった。

 人は人をいとも簡単に壊してしまうことができる、という現実を知った。どういう運命のめぐり合わせか、いわゆる組織的枠組の中で、とんでもない人物と関わってしまった。それを排除し決別するまでの半年もの間、喜びと怒りと哀しみと楽しみ、といった人間の基本的な感情をすべて抑え込み、ただ生きることだけに執着することで、かろうじて正気を維持してきた。

 台湾SIMを差し込んだスマホは、ウィンと鳴って、まるで生気を取り戻したかのようにぷちぷちと台湾電話局の電波をひろい交信しはじめた。
 
 部屋に荷物をほうり投げてすぐに、ホテルの受付で目的地への行き方を尋ねた。「行くのであれば今からあなたを車に乗せて行きますよ」綺麗な日本語が返ってきた。差し出された名刺には敦さんとあった。日升大飯店の支配人である。

 今から70年くらい前のこと。台南の上空で激しい戦闘があり、襲撃を受けて墜落する飛行機があった。飛行機は煙を上げながらも、機首を上げ続け、集落を避けるように畑の中に墜落した。遺体の軍靴には日本人の名前があった。もしも早い段階で飛行機を乗り捨てていれば飛行士の命は助かっていたはずだった。集落の人々は亡くなった飛行士のために小さな祠を建てた。祠はやがて建て替えられ、そして廟になった。

 台南行きに決めたのは、自分の命とひきかえに集落を守ったといわれる飛行士が祭られる飛虎将軍廟を訪れる目的があった。

 廟に入ると神像が3座置かれていた。中央が本尊で両脇の2座が分尊、いわゆる飛虎将軍の分身という話である。みようみまねで私は敦さんに続いて参詣した。台座から煙がもこもこ立ち上っている。よく見るとその煙は線香からではなく、タバコから発せられるものであった。タバコは3本供えてあった。

 どこからか流れてくる「君が代」の音色に混じって、背後から自分の名を呼ぶ声があった。こんなところに知り合いなんているわけがない。なにかの間違えと思っていたが、その声はふたたび私の名を呼んだ。確信をもって振り返ると、一瞬、思い出せないでいたが、その姿はすぐにシン君であることが分かった。

 シン君は台湾のfacebook友だちで実際に会うのは今日がはじめてであった。彼はよくお参りに来るのだと言った。とんでもない偶然もあるものなんだな。しばらくは驚きと喜びのため、次に続く言葉をつなげることができないでいた。まるでその部分だけを切り取ったように、二人分の時間と場所を結びつけるなにかの力が、なにかのきっかけで、たまたま偶然という形をとって現れたんだなと思ったりしてみた。

 シン君は、グリップに引っ掛けていたヘルメットをかぶり「短い時間しか会えなくてすみませんね。夕食を買って家に帰る途中なんだ。今度はちゃんと会う約束をしよう!」と言ってバイクをブインと飛ばした。私は敦さんの車に乗り込んだ。

***夕暮れ前の台南で***



台南の飛虎将軍




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR