台湾ちんほうちゃ日記

~ガイドブックにない無目的が目的の究極のひまつぶし~

こけらおとし

 改札をぬけるとまだやさしい夏の朝の太陽がまぶたいっぱいに急速にひろがった。陽光をあびたロータリーはまぶしくも広々と白ずみ、高層ビルにかかる巨大な看板はチラチラとゆるい光線をはねかえしていた。僕がおぼえている限りの一年前とかわらない台南がそこにあった。

 目の前のロータリーをさえぎる国道に沿って駅舎を背後に右手にまがる。自動車やバス、バイクがせわしなく行き交う道路に平行して歩道のうえをしばらく歩いていくと、唐突に、周辺とあきらかに雰囲気を異にする緑の一帯が、前方左手にあらわれた。ヤシ科と思われる樹木の先端が、空たかくにつきささっている。

 台南公園入口の樹木のあいだを歩き進むにつれて大通りの喧騒はしだいに薄れていった。それと入れ替わるようにして、拡声器からすこしひび割れたキャッチーな音楽が流れてくる。木漏れ日がところどころに落ちる地面をさらに進んでいくと、音楽はついにはっきりしたカタチになってあらわれた。音楽の周りに人びとが集まって、陽気なテンポにあわせて、飛んだり跳ねたり両手を開いたり閉じたり上下左右にゆらゆら揺らめいたりして踊っている。あたりを見まわしてみると、小さな空地ごとに、太極拳やら体操やら、さらに僕みたいな素人にはわからない踊りをしていて、音源はひとつではないことがだんだんわかってきた。

 公園の中ほどまで来ると、小さな橋をながれる水の先に大きな池がひろがり、池の真ん中に赤の柱と金色の屋根の建物が浮かんでいるのが見えた。建物までは白い橋がジグザグに架かっている。そのままジグザグに橋を渡って建物に近づいて見あげると念慈亭と書いてあった。屋根の下は日陰になって、池からすべりこんでくる風が心地いい。近くのベンチで学生らしい若者たちが楽しそうにおしゃべりしていた。

 蝉が合唱する木陰の下に、石でできた四角いテーブルと同じく石でできたイスが空いていたので、腰をおろして、ガイドブックをペラペラと次の行き先を検討していたら、おばちゃんが話しながら三人やってきて僕のいるテーブルのイスに腰かけた。おばちゃんたちの話している言葉は巻き舌でなかったのでたぶん台湾語だ。相変わらずガイドブックのページをめくっていると、もうひとりおばちゃんがやってきた。かくしてこのテーブルは、僕から向かって左右のイスにひとりずつと、僕の正面のイスにふたりでかこむ結果となった。

 四人みんなで向かい合ったほうがさぞかし話もしやすいだろうと、そもそもこの場所でガイドブックなんか読んでいる必要も理由もない僕は、あくまで自然を装って、そおっとイスを立ちあがった。すぐにその動きに気がついたおばちゃんたちは、口々を一斉にそろえて、「あなたはいいの!ここに座っていなさい!」と、つきだした両腕を何度も振り下ろして、なにやら懸命に止めようしてくる。僕は、「大丈夫だ。問題ない。ボーブンテイ(台湾語で無問題)なんだ」と、いかにも大丈夫な顔をして、テーブルから離れた。おばちゃんたちは「ニホンジンか」とすこし笑い顔になり、しばらくどこかすまないというような寂しい顔をしていたが、会話はすぐに再開された。

 僕はふたたび当てもなく園内を歩きだした。すると横目に、歩道のわきに生えた木の梢のあたりから勢いよく地面に垂直に走り落ちてくるもがいた。それは一匹のこげ茶色のタイワンリスで、幹の周囲をクルクルとせわしなく転がりまわると、テープを巻き戻しするかのように、ふたたび木を垂直に素早く駆け登っていった。

 東京を離れて一晩が過ぎた。昨日まで頭のなかのほとんどを占めていた、いくつもの複雑な事象の片鱗が、ぽろぽろとはがれ落ちてきているような気持ちになった。木々の間からこぼれる太陽は、地面のうえでだんだんとその光力を強めていた。

***朝日のさしこむ台南公園で***


こけらおとし




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記


テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

  1. 台南
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<海までついでに切り取って | ホーム | 台南の飛虎将軍>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chinhoucha.net/tb.php/80-e6715c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィールです。

みのりおん

Author:みのりおん
台湾はちんほうちゃな食べ物であふれている。でもそこで出会ったのは、食べ物ばかりでなく、美しいシゼン、よく眠るイヌ、そしてとても優しいヒトビトだった。そのどれもが、明るくて、のんきで、楽しくて。そんな「ちんほうちゃ」な出来事を、とりためた写真の隅っこから、いつもニヤニヤしながら切り取っているんです。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味です。
※本ブログの登場人物は基本的にすべて仮名を使用させていただいております。

いろんな場所にいきました。

台北 (10)
基隆 (2)
新北 (4)
新竹 (14)
苗栗 (3)
台中 (11)
彰化 (4)
鹿港 (2)
南投 (5)
日月潭 (3)
嘉義 (4)
台南 (10)
高雄 (11)
屏東 (4)
墾丁 (4)
小琉球 (2)
宜蘭 (10)
花蓮 (10)
太魯閣 (2)
台東 (11)
台湾日記 (1)

ぶろぐ村です。

facebookもやっています。

Twitterはじめました。

メッセージはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR