南方すれちがい文庫

 ヒマヒマヒマヒマで、体じゅうの末端がへなへなとマヒしそうなくらいにおそろしくヒマだったので、とりあえず宿泊先の高雄からひとりで行って戻ってこられる程度で、夕暮れどきの神聖な酒のみほろ酔い黄金時間を侵食させないことを条件に、高雄駅から屏東線に乗って潮州駅まで行ったらあとは折り返して適当に寄り道して帰る、といういたってシンプルな日帰り観光ルートを、このうすら気泡コンクリ頭でやはり突貫工事的にかんがえた。

 そんなわけで、潮州駅を発って最初に竹田駅に下車したのは、なんといっても潮州駅のとなり駅だったことと、日没までにまだゆうに時間があったことと、そしてなによりも「いちおう歴史のある駅なんだからまあなんでもいいからとりあえず行ってみろよ」という台湾友からのおおらかで寛大な意見に端を発するのものであった。

 ホームからのびる長い階段を下り改札を抜けたところで作業服姿のオジサンに「出口はこっちよ」と声をかけられた。掘りかえされた地面の上の板渡しをミシミシ音をたてて進んでいったら、木造の小さな校舎裏のようなところにでて、その小さな入口を抜けるとやはり小さな正面があって站車田竹とかいてあった。じゃなかった竹田車站だった。

 駅前に案内板が立っているのを横目に認めながらも、日陰をもとめて、近くの樹木だまりみたいな場所に向かった。そこはよくある駅前公園で、古めかしい木造の便所が建っていた。それはなかなか懐かしくて趣のある建造物だったから、せっかくなのでここで用を足しておこうと一歩足を踏み入れたところで間違いに気がついた。それは昔の浴場を当時のままに保存しているといった歴史ある風呂跡だった。こうした昔の思い出が竹田驛園にいくつか残されているようだ。

 駅に背中を向けて石造りの道を歩いていくと車の走る道路にぶつかる。そこで最初に目につくのが泰美親子図書館というこの辺りではひときわ近代的にみえる建物だった。しかし大きい建物といったらそれくらいで、あとはちょっとしたビンロウ屋があるのと、道路のわきの南国の木々がずっと先まで茂っているくらいだった。

 さっき駅前でみかけた案内板に戻ってから、こんどはその近くにある李秀雲紀念館へ歩いた。館内は昔の農村の写真や古い農耕具なんかが展示されて、あとは何本かの竹が掛け軸とともに小奇麗に装飾されていた。当時を知らない僕にとっては、当時の素朴な空気を味わえるところだった。
 
 外にでたら雨が降っていた。そろそろ次の列車が来てもいい頃だったこともあって、僕はもと来た木造の駅を抜けてホームに駆け上がった。雨をさえぎる屋根からちょうどはみださないあたりで、列車がくるまでのあいだFACEBOOKをながめている。さっき投稿した竹田車站の写真に友だちからのコメントがついていた。「ここは日本語図書館があるよ」と。コメントはさらにつづいて「池上一郎という日本人が竹田に本を贈ったから池上一郎博士文庫になった」「日本語の図書館としては最南端にある日本語図書館だ」というふうに、なんだか興味深い文章が展開されていた。

 そんなどこか懐かしい空気をふくんだいかにも日本と台湾のココロアタタマルエピソードをこんなどたん場で発見しておきながらも、乗りこんだ車両の扉は閉まりはじめ、いまからちょうど30分前、竹田駅に下車したときとまったく寸分のくるいもなく、列車は高雄に向けて機械的にうごきだした。

 今回のすれちがいもまた、結局のところ、このコンクリ頭が描くシナリオとしては、もっとも理想にちかいカタチでの旅の1ページにちがいなかった。

***屏東線の竹田駅***


南方のすれちがい文庫




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR