台湾的旅遊的最後的一杯

 このところたて続けに台湾行きが集中して、とりわけ今年は一週間前後の滞在日数で、1月と、そこからややトンで5月、6月、7月と来て、8月の今日で最終日となった。1月をのぞいてもこれだけ毎月のように連続すると、さすがに自分がナニジンだかわからなくなった。台湾に来ても「台湾だ、台湾だ、タイワンダー!」といった感慨すらない。

 とくに観光にこだわっていたわけでもなかったので、最近ヘンにおもしろうまいと感じる豆花を食いまくるというのをやった。あれはやっぱりトーフだ。そう言うと「当たり前だトーフだ。文句あっか!」という意見がかえってきそうだが、トーフなのに「へ?デザート?」というヘンなやつなのだ。むかし豆腐屋にいくとよく水の中に角が四つある白いカタマリが沈んでいたのをみた覚えがあるが、あのトーフそのもの色・カタチ・味なのだ。ふだんは味噌汁にいれたり、ショーユをかけたり、寒いと湯豆腐になるようなヤツなのである。それがふだんあまり縁がなさそうな小豆とか落花生とかタピオカとかイモなんかといっしょになってあまいシロップにプカプカ浮いているのをみるともうなんだかわからなくなる。しかしそう思えるのははじめのうちだけで、食っていけば食っていくほどこれがあたりまえのスイーツでありデザートだったりする。

 食いまくると言ってもそんな毎日食べていては、飽きるだけだし、栄養学的なところで身体にもなにかしらの影響がないともかぎらないから、だいたい一日に、一杯から二杯くらいあたりがまあいい分量なんじゃないかということになった。

 台北龍潭豆花高雄紅豆豆花永昌冷凍芋彰化莊豆花湯圓嘉義奮起湖豆花阿娥豆花台南水缸豆花苗栗緑豆豆花宜蘭王品豆花と、店のなまえと豆花の種類がなんだかもうごちゃまぜになってしまったが、これらがこの一週間のコンダテだった。飛行機で最初に入るところが台北ならば最後に出るのも台北なので、最後の一杯はほぼ必然的に松山空港にちかい台北で食べることにきまった。

 そもそも旅の行程が時間どおりに進められたためしはなく、それよりか計画そのものがあったのかもわからないので、気がついたときに帰国の便まで2時間をきっていた。が、それもまあ計画の範囲であるといえばあるのだった。タクシーをとばせば空港まで十数分で着けるとはきいてはいたけれど、素人なんかに台北の交通事情はわかるはずもない。かといって空港で食べて終わるというのもいかにも味気ない気がしたから、できれば地元の人が日常的にあつまりそうないわゆる近所の豆花屋といった店で食べ終わりたかった。

 台北を走る地下鉄のMRTの民権西路站という駅のちかくに莊子茶という台北に来るといつも寄るお茶屋さんがあるのでそこで荷物をあずかってもらった。さてどこに行けば豆花が食えるのかということだが、とにかく大通りをあるいていけば、いつかきっとそれらしいものにぶつかるだろうと楽観的観測にたってあるいた。繁華街のようなところに来ればきっとあるはずである。

 とはいってはみたものの、実際に探すとなるとなかなかないものである。何人かのひとに声をかけてはみたが、店番のジイさんは首をふり、通りすがりの女学生は呼びかけすら気がつかない始末。もっとも自己流の台湾語中国語の発音がキチンと通じていないといった問題もないわけではない。

 手がかりもつかめぬまま雙連站まで来てしまった。民権西路站からMRTのひと駅分といったところである。それでも結局はなんとかなるもので、ちかくの八百屋で買い物をしていたおばちゃんに尋ねると「あっちだあっちだ」とアバウトであるがココロのこもった応対をしてくれたおかげでなんとか方向だけはつかむことができた。

 やっとのことでたどり着けたのは、豆花莊というまったくもって名前そのまんまのお店で、そこでイモと落花生と氷がはいった豆花を注文した。じっくり味わっている余裕なんてものはもはやなく、容器に口をつけるとトーフをイモと落花生もろともゴクゴクと飲みこんだ。トーフのゆるい感触がのどの隙間をポコポコとうごめきながら通り抜けていった。

 氷のいっき飲みによる頭痛が引くのを待って時計をみるとすでに出国の一時間前になっていた。これからひと駅ほど離れたお茶屋さんまで行って荷物をとったらすぐにタクシーをひろって空港に着いたら搭乗手続きをしなくちゃいけない。短い時間にもけっこうやることがあるもんだなとクルクルと忙しなく頭をかきまぜて走った。途中で、眠そうな犬がテーブルの上でノンキにあくびをしていたので、そこで思わず立ち止まってしまった。その気だるそうな感覚が、台北の夏の午後のやるせない空気に実によくなじんでいたからだ。

 「また来年な!」

 ぼくはまた走りはじめた。

***おそい午後、台北の路地で***

台湾的旅遊的最後的一杯




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

渓頭往きのバスが満席だから 2018/06/20
プラットフォームは向こう側 2018/06/13
たおれるくらいの酒の量 2018/06/08
昌平路のガチョウめし 2018/06/01
台中追分途中下車 2018/05/27
風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR