はるのぬけみち

 八卦山大仏を見上げる半円状の九龍池広場の左手にいっぽんの小道があった。

 眼下に広がる彰化平原から吹きつけるぬるい風を半身に受けながら小道を歩いていくと通りのかたすみにコンクリートのほそい階段が降りている。

 どこにつながっていくのかな。

 階段を降りていく途中で水のしぶく音にまじって銀橋飛瀑とかいた案内碑が人口滝のまえにたっているのがみえた。

 碑のまわりにあつまった水は、そこからさらに石でかためた水路を流れおちて、ちょうど勾配のおわる苔むした石橋の下でとぐろを巻いて休息していた。

 気がついてみると辺りは一変して、木々の梢が連なるうすぐらい森になった。

 ここはいったいどこなんだろうか。
 
 冬だというのに空気は湿り気をふくみ、濃い土のにおいがする。草はみずみずしい緑色のひかりに照らされ、木の葉からこぼれおちる風が気持ちよかった。

 日本にかえったら灰色の真冬に逆戻りだなあ。

 そのとき足首のあたりにチクチクとした違和感をおぼえた。手でさすってみるといくつかの肉がぽっくらとボタン状に膨らんでいる感触があった。

 蚊だ。

 冬のこんな時期に蚊に刺されるなんていうことは、台湾ではほぼ一年を通して蚊がとんでいるということになるんじゃないか。

 すくなくとも寒気がおしよせる時期はいないにして、11ヶ月くらいの間はなんらかの形で蚊がとびまわっていることになるんじゃないか。

 今回はジーンズにスウェットの服装をしているので、夏場のTシャツ短パン姿にくらべたらそこまでの被害はない。それでも足首や手首など若干の露出のきざしがあればヤツらはそこを集中的に攻撃をしかけているはずで、そうしてやっぱり、限定された範囲のかゆさは極度に濃厚だった。
 
 でもよくかんがえたら露出が限られているぶん弱点も限られているわけで、裏をかえせば、特定された脆弱な部位だけ気にしていればよい、ということでもある。

 うーむ。

 森のなかはときどき普段着姿で歩く地元の人たちとすれ違うことがあった。けれども視覚にはいってくる人間は滅多になかった。

 すこし空がひらけた空き地の大理石のベンチに腰を降ろして、八卦山の入り口で撮った地図の写真を拡大してみると、どうやら文学歩道という場所にいるらしいことがわかった。

 文学歩道は、うららかな春であり、そしてかゆい夏でもあった。ただひとつ冬があるとすれば、それは腕にかかえたまま所在をなくしているダウンジャケットだった。

***八卦山の文学歩道***

春の抜け道




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25
おでん屋のマナー 2018/03/18
金魚れもん 2018/03/11
排骨と飯と午後の予感 2018/03/04
アタマのコンクリとけだした 2018/02/25
風の方向に帰ります 2018/02/18

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR