かえっていくところ

 高雄美麗島駅で降りまして、いつものように改札口で色とりどりなステンドグラスを見上げてからその足で予約してあったゲストハウスまでの道のりを歩いていますと、セブンイレブンの脇道からおじいさんがひょっこりでてきて「えええ?台湾人なの!?」と快活な日本語で声をかけてきます。

 突然の呼びかけにおどろいた僕はナンダナンダとあたりを見回してみますもそこにはやはり僕しかいません。

 おじいさんはくりくりした目をさらにくりくりさせると「台湾人なの!?」と僕のTシャツを指差しました。

 そうです、このとき僕は斗六の友だちからお土産にいただいた茶色い生地に白文字で「台湾人」とプリントされたTシャツを着ていたのです。ほかではなかなかお目にかかれないような奇抜な柄のものでした。

 おじいさんはニコニコと嬉しそうな顔をして「わたしは日本人だったよ!いひひ!」とわらいました。

 おじいさんは御歳80を越えており、子供のころ日本の教育を受けていたとのことでした。その後に戦争にはいりますが、戦争はじつは終わってからがたいへんで、激動の時代へ突入していったこと、その流れに翻弄されて過ごした日々のことなどをお話になられました。そのやさしい目にはどこか遠い昔を想い、なつかしむようなやわからかな明るさがありました。

 しばらく立ち話をしておりましたが、おじいさんは「これからどこにいくの?」と尋ねられましたので、ゲストハウスの住所を言いますと「ああ、そんならよ。こっちよ。」と、ほんの数軒先のところでしたが、おじいさんはその建物の前まで歩いて案内してくださいました。

 僕が今夜泊るのはあひる家というゲストハウスで、玄関をはいると、宿泊の人たちが共用のテーブルをかこむようにしてたのしそうに談笑しているすがたがありました。どうやら台湾の話で盛りあがっているようで、こざっぱりとした室内には台湾に関する本がたくさん並んでいました。宿泊される人たちは皆日本から旅行に来ている人たちのようでした。

 かるく挨拶をすませましたら、テーブルのうえのライチを勧められましたので、僕はなん粒かいただきました。殻をむくと白くすきとおった実があらわれて、そのまるい薄皮を口のなかでやぶるとなかから新鮮な水がチュッとながれでてきました。

 ベッドはドミトリー形式でした。自分用にあてがわれたベッドの上に荷物を置くともうすることがなくなってしまいました。みんなベッドに寝ころんで本を読んでいるか、共用のテーブルで台湾旅行のお話しなどをして過ごしているようでした。

 僕はここでなにをしていたらよいのかわからなくなってしまいました。新参者の僕がみんなの会話にうまくはいっていけるかわかりませんし、まだ夜でもないのにベッドに寄りそっているのもあまり健康なものとも思えません。僕は外の空気をあびようとおもてにでました。

 外は小雨が降っていました。駐車しているバイクを迂回しながらなるべくひさしのついた歩道を選んで歩いていますと途中に居酒屋のようなお店がありましたので、日本でもよくやるように僕は一人お店のなかにはいっていきました。

 台湾ビールを注文して大ビンの口先をコップのなかにゆっくりと傾けました。その琥珀の液体のうえで小泡の層が急速にひろがっていくようすを見ながら僕は、ふだんとそれほどかわりばえのしなかった午後の日ことを小気味よく思いかえしてたりしていました。

***小雨の降る美麗島で***


かえっていくところ




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記


コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25
おでん屋のマナー 2018/03/18
金魚れもん 2018/03/11
排骨と飯と午後の予感 2018/03/04
アタマのコンクリとけだした 2018/02/25
風の方向に帰ります 2018/02/18

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR