断崖!断崖!また断崖!!

 ポジティブでアグレッシブなチョウさんはそのほそい体で崇徳隊道からつづくけもの道をひょいひょいと登っていった。

 草と小枝がからみあう藪の向こうからはいつ蛇が飛びでてきてもおかしくなかったし、ながいあいだ人びとが歩いてこなかったことはその荒れ方からしてあきらかだった。

 そのためか、かろうじて一人がやっと通れる狭い道は、蜘蛛の巣がいたるところに張りめぐらされて、それがいつも顔や首にペタペタとひっかかった。

 このままいったらいつか蜘蛛の巣ニンゲンになるんじゃないかと心のどこかでメランコリーになっていると、チョウさんも同じことを心配していたのか、ちかくにころがる棒切れを拾いあげて、そいつをボキボキへし折り、ほどほどのながさにして、顔の前方あたりでぶんぶん振りまわし振りまわして歩みを再開した。

 それにしても暑い!暑いったらない!けもの道には湿気と熱気がとぐろのように渦まいているようでとにかく暑かった。メガネは汗でずるずると落ちるし、そのうえ暑さでもうろくした頭で歩いていれば、いつか足を滑らせ底までころげ落ちてしまうかもしれなかった。首にかけたタオルはひとしぼりするだけで、ペットボトルがいっぱいになるんじゃないかというほど、僕の汗をやたらめったに吸収していた。

 藪をぬけると石が階段状に積みあげられた場所があらわれて、その石段を登っていくと、石と岩ばかりがゴロゴロころがる無機質なひろい傾斜地にでた。草は数えるほどしかなく、木々ははるか先のほうまで生えていなかった。

 傾斜はとちゅう幅1メートルくらいの歩道にいったん分断されて、下方の海岸に向けてその勾配をさらにきつくしてくだっていた。

 風は今までとうってかわってよく通り、額や首の汗水を小気味よく乾かしはじめた。

 僕がちょっと立ち止まってひと息いれているあいだに、チョウさんはずんずん歩いていった。僕はあっというまに取り残された形になった。僕のいる場所からはチョウさんの姿がどんどん小さくなって、豆粒のようになってしまうのがみえた。

 チョウさんを追って足元の石ころに力をこめて急ぎ足で歩いていくと、ふいに斜面が尽きて、午後の陽のなかにおそろしいほどの蒼さでひろがる海がみえた。そして海面につかるように、切り立った崖が、自然のつくりだした巨大な要塞のように黒色の層と白みがかった色の層を交互にしてどこまでもつづいていた。そこが石硿仔古道からみた清水断崖だった。

 崖が急角度で落ちるこのあたりの海は深く、岸からすぐ近くで深海になっているため、マンボウがたくさん捕れるんだということをなにかの本で読んだことがある。深海に住むマンボウはその巨体に似合わぬ弱い魚で、さわれば手形が残り、おどろいて壁などにぶつかればたちどころに死んでしまう。そんなひ弱でおくびょうなマンボウが、こんな険しくも厳しい難所で、のんきな顔とあの小さな両ヒレで今日もピヨピヨと泳いでいる姿を想うと、なんだかおかしかった。

 頭上にはいつの間にか雲があつまって、ぱらぱらと雨が落ちてきた。岩と石だらけの開けっぴろげな斜面には身を隠すものなどまったくない。僕たちは岩場を降り、もと来た道を引き返した。

 海岸に隣接する広場につながる坂道をくだっていく途中で、チョウさんは僕の異変に気がついてしまった。この数日のあいだ、蚊やヌカカたちに喰われつづけてきた僕の両足はいたるところに赤い円形状のふくらみができて、そのちょうど中心の刺されたあたりは黄色い体液がにじみ、外気にふれていくつもかさぶた状に凝固しはじめていた。

 チョウさんは、水で洗えばよくなると言って、浜の近くにあった水場で足を清めることをすすめた。僕はズボンの裾を股までたくしあげると、蛇口をひねり、びしゃびしゃと水道水を足にかけた。水は思いのほかひんやりとして、かさぶたもかゆみもいっしょに流れて落ちていく気がした。そして、それまでのむくんでほてった感じもスーッと引いていくようだった。

 浜では黄色いラインがはいったトカゲがたくさんいた。このトカゲはどこかでみたことがあった。それはいつの日か墾丁の海岸でみたのと同じ種類のトカゲだった。そんなことを、とおい花蓮の断崖で思いだしたりしていた。

***石硿仔古道から清水断崖をみた***


断崖!断崖!また断崖!!




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記


コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25
おでん屋のマナー 2018/03/18
金魚れもん 2018/03/11
排骨と飯と午後の予感 2018/03/04
アタマのコンクリとけだした 2018/02/25
風の方向に帰ります 2018/02/18

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR