台湾ちんほうちゃ日記

~ガイドブックにない無目的が目的の究極のひまつぶし~

屋台メシのもんだい

 この4日間の台湾旅行で4キロふえたのはスーツケースの中身なんかじゃない。単純に1日に1キロふとった計算になるから、僕のカラダは1時間あたりで実に40グラムづつふえ続けていったことになる。

 とにかく食いどうしの日々だったので、いろいろと思いあたるふしがないわけでもないんだけれど、より肥大化傾向にあるどてっぱらに手を当ててよくよく振りかえってみると、やはりあれだったのか、と無邪気にはしゃいでいたあの日の夜の記憶がまざまざとよみがえってくるのであった。

 その日はペルオ君とふたりで台中に遊びに来ていた。台中には張さんという友だちがいて、僕らは日が暮れはじめるあたりから台中の街を案内してもらっていたんである。

 張さんは10年ちかく東京の会社に勤務していただけのことがあって、非の打ち所のない日本語をひょうひょうとあやつる。だから彼といっしょにいるとまるで日本にいるかのような感覚におちいる。

 さっそく、その張さんおすすめの新凍嫩仙草に連れてきてもらった。ここの仙草ゼリーはひと月前にも食べさせてもらったことがあったんだけれど、その味と食感において、とにかくまた食いたくなるほどの強烈な思い入れをもっていた。

 前菜はそこそこに、張さんの車はさっそうと豐原に向かった。豐原には廟東夜市という屋台街があって、今晩そこでメシを食うのだ。

 僕らは手はじめに蚵仔煎とかいておあちぇんと発音する牡蠣入りオムレツの店にはいった。台湾の牡蠣は日本のよりやや小ぶりで噛みごたえがあるので、いかにも貝を食っているぞという気分になれる。

 さくっとかたづけ、すぐちかくの肉丸の店のテーブルについた。肉丸とは台湾語でばーわんという肉入り餅のことである。歩いている人にぶつかりそうなほど通りにはみだした狭いテーブルはどれもお客が絶えることがない。

 台湾の夜市を歩いているとよく店の看板に正老という文字がついた店を見かけることがあるんだけれど、この肉丸もまさに正老で、きっと商売がながく続いていたことを表すものなんだな。というのもこういう店はたいてい地元で人気があるのだ。

 ようやく腹の減りも落ち着いてきたころなので、歩きながら食べられるかんたんな小吃を食べることにした。

 張さんにすすめられたのは、廟東東山鴨頭というぱっと見たところヤキトリ串のような濃厚な色の食材をならべた露店だった。僕は張さんにうながされるまま、あれやこれやと選んでいったらザルが山盛りになってしまった。目の前の油だまりにそれらがいっせいになげ込まれると、ザアーとはじける音とともに、大量の湯気と香ばしい匂いがあたり一面にたちこめた。

 この料理。どうやらあらかじめ醤油で煮込んだものを、その場で素揚げしてカリカリ食べるものなんだそうだ。メインはもちろん鴨の頭だ。

 そのなかでもとりわけ驚いたのが、湯葉ふうの食べ物だった。豆包といってドウボァとよむ。ドアホウではない。とにかく肉のような歯ごたえで、噛んでいるとなかから濃厚な味がじわじわとにじみでてくる。これがうまいのなんの。そこそこ値段の高い肉なんかよりも、はるかにいい肉を食べている感じだ。

 台湾の夜市でほんとうに残念なのは、こんなに良質なおつまみが道ばたにあふれかえっているのに、ちかくでビールの類がほとんど売られてないことだ。カンビールを飲んでいる人も見かけない。酒のないおつまみほどやりきれないものはない、と日ごろ感じている自分からしたら、これはほんとうにもったいない。かといって、台湾夜市で酒の飲み歩きなんてしようものなら、地元の人たちはきっとヘンな人がまぎれこんだと思ってウヘェーと顔をしかめて離れていってしまうだろう。やはりこれは文化の違いなのだ。

 最後に金樹鳳梨氷というジューススタンドで、新鮮なパイナップルジュースを買って帰路についた。

 張さんは僕らをホテルまで送りとどけると、をお土産において帰っていった。自慢の家庭料理だ。僕らはロビーのイスに座り、張さんからいただいた粽をもぐもぐとほうばった。

 とまあここまでは、いたってフツーの晩メシの範疇であるから、とりたてて問題のある行動ではない、と思っている。

 しかし次の日もこの日と同じようにまたどこかの夜市をさまよい歩くことになり、はしご酒ならぬはしご屋台を続けてやってしまったことが、結果として、いっきに体重をふやしてしまったことへのほんとうの意味での“過ち”であったことはやっぱり間違いなかったと断言できるのである。

***台中豐原で屋台めぐり***

屋台メシのもんだい




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記


テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

  1. 台中
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ぐるぐる夜市 | ホーム | 夜が更けたらまぜまぜソース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chinhoucha.net/tb.php/98-23685131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィールです。

みのりおん

Author:みのりおん
台湾はちんほうちゃな食べ物であふれている。でもそこで出会ったのは、食べ物ばかりでなく、美しいシゼン、よく眠るイヌ、そしてとても優しいヒトビトだった。そのどれもが、明るくて、のんきで、楽しくて。そんな「ちんほうちゃ」な出来事を、とりためた写真の隅っこから、いつもニヤニヤしながら切り取っているんです。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味です。
※本ブログの登場人物は基本的にすべて仮名を使用させていただいております。

いろんな場所にいきました。

台北 (10)
基隆 (2)
新北 (4)
新竹 (14)
苗栗 (3)
台中 (11)
彰化 (4)
鹿港 (2)
南投 (5)
日月潭 (3)
嘉義 (4)
台南 (10)
高雄 (11)
屏東 (4)
墾丁 (4)
小琉球 (2)
宜蘭 (10)
花蓮 (10)
太魯閣 (2)
台東 (11)
台湾日記 (1)

ぶろぐ村です。

facebookもやっています。

Twitterはじめました。

メッセージはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR