タイワンメシにもほどがある

  大腸包小腸という台湾風ソーセージをもぐもぐ食べながら、お祭りのようなにぎわいの、まるで縁日の総合版とでもいった逢甲夜市をペルオ君とのろのろと歩いている。

 屋台は途切れることなくあらわれ、途中で墨西哥捲餅というなんだかファンシーな屋台スタンドがあって、ナンに肉やチーズを包んだタコスのような食べ物が売られていた。台湾にきてメキシコ料理かよ、とちょっと迷ったけれどええいっと買ってみた。

 夜市の屋台メシはその手軽さに落とし穴がある。うまそうなのはもしかしたら見せかけだけで、食ってみないとわからない。だから味見といい聞かせてしかたなく食べてみるんである。そうしてつぎつぎとまあたらしい屋台が目に入るたびに連鎖的慢性的に確かめてみる、という手続きを踏んでゆくのだ。

 台中の夜は思っていたよりも涼しかった。まだ真夏になりきらない時期のためか、空気がすっきりとしてさわやかだ。それかどうかわからないけれど、僕の食欲もますます増している。

 喉を貫通して脳天まで突きだしそうなくらい先端が尖った長いアイスクリームを見つけた。

 霜淇淋というものでアイスの部分だけで優に30cmをこえている。鼻の穴にコイツがつき刺さったらいかにも痛そうだ。いや、冷たそうだ。甘いものは腹休めにもなるから都合いいんじゃあないのか。細いアイスは口のなかですぐに溶けて、手元のコーンにたどり着くまでに時間はかからなかった。

 そんなときスマートフォンのFacebookに臭豆腐を食べなさいという友だちからのコメントが入ったことに気がついた。

 夜市の入り口付近にあるというけれど、この広い夜市のどこが入口でどこが出口かなんてわかるはずがない。しかたがないので、僕らはタクシーを降りたところまで歩いて、とりあえずそれらしい人びとの行列を探してみた。

 店にできる行列というものはとにかく目に見えるので、客観的な視点でもって、素人でもわりと簡単にその店の良し悪しを判定できる味のバロメータなんである。

 そうして、やはりというか、人びとが列をつくっているうちのひとつの先に金牌巨無霸臭豆腐のネオンがギンギラギンに輝いていた。友だちがいっていた店かどうかはわからなかったけれど、もし違っていたとして、そんなこと大した問題じゃあない。僕らはすかさず列の最後尾にならんだ。

 やっと手にした臭豆腐はけっこうなボリュームだったから、ここで中途半端に食いかけてもなんかさみしい。僕らはホテルに持って帰ってからじっくり食べることにした。

 タクシーの後部席には夜の風がひっきりなしに入ってきていた。ひざの上の紅白のビニール袋の底からほどよい熱が伝わってくる。顔を近づけるとビニールの奥からパクチーの香りと、湿り気のある臭豆腐の悩ましい匂いがたちのぼってくる。ペルオ君はもう食えないといってとなりの座席でうなだれている。

 ほんとうはすでに腹いっぱいで、カラダはもう食べることを欲していないことはなんとなくわかっていた。もはや悲鳴をあげそうな状態に近いことは確かなことだったけれど、どうしても食ってみたいという途方もない食い意地と強烈な好奇心に、僕はとうとう勝つことができなかったんである。

***逢甲夜市で食べ歩き***


逢甲夜市にもほどがある




ブログランキング・にほんブログ村へ
台湾ちんほうちゃ日記

コメント

非公開コメント

みのりおん

台湾の街とか田舎とか飯屋をウロウロとあるきまわる無気力無思考無頓着なタワイモナイ日々をなけなしの写真とバカな文章でただひたすら書きつづけます。
※ちんほうちゃは台湾語でとても美味しいの意味。

最新記事一覧

風景区の止みきれないさびしさ 2018/05/21
ながれながれて新店線 2018/05/18
象山から、シーンをつなげ! 2018/05/12
巡りあわせと選択のなかで、記録をとめない 2018/05/06
車輪のいいわけ 2018/04/30
屋根にキリンがいないころ 2018/04/22
1/13サヨナラノート 2018/04/15
地下の誠品R79 2018/04/08
夜がおわるまで 2018/04/01
高は高雄の高 2018/03/25
おでん屋のマナー 2018/03/18
金魚れもん 2018/03/11
排骨と飯と午後の予感 2018/03/04
アタマのコンクリとけだした 2018/02/25
風の方向に帰ります 2018/02/18

Twitter

ブログ村

メールはこちらから☆

mvcos.infini@gmail.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR